21世紀の森とかわせみ   2005.9.2

 

 

1世紀の森は松戸市近郊にあり自然が大変豊かな公園です。

西口から入ると、近くに自然観察舎があります。

180度の観察窓から水辺の自然が観察できます。

ここにかわせみが住み着いています。

9月初めに訪れた時は2羽のつがいがいました。

観察窓のガラスは非常にきれいに拭かれており、観察にも写真撮影にも殆ど影響がありません。

約10m先の水辺の木にかわせみは止まっています。

時々水面に飛び込み小魚をとるところをみることが出来ます。

写真撮影は対象が小さいのでなかなか困難です。

最初デジタル一眼レフカメラに300mmの望遠レンズをつけて狙ってみましたが無理でした。

この撮影は長焦点の望遠鏡の世界です。1200mmのレンズをつけて撮影したのが下の写真です。

 

 

21世紀の森と広場には、これ以外に多くの鳥がいます。虫たちもいろいろ住んでいます。ぎんやんまも飛んでいます。

松戸市の誇れる自然としてこれからも見つめていきたいと思います。