うすばしろちょう

 

2006.6.10

動画掲載(2012.6.15

2006年6月10日。久しぶりに日光霧降高原を訪れました。全山新緑に輝き、今まさに初夏の訪れを感じさせる爽やかさがありました。草原に氷河期の遺物と云われるうすばしろちょうが舞っていました。

 

 

うすばしろちょうはあげはちょう科に属し、食草はムラサキケマン。羽が半透明の美しい蝶です。数が非常に少ないと思っていましたが、この季節、山に近い場所で案外しばしば出会うことが出来ます。

 

遊びの専門店TOP