白馬 2008.3.30

 

 

東京では桜が咲き始めた3月末、雪山が見たくて白馬まで来た。天候が心配だったが運よく晴れ渡った。水田に水を張った場所があり、見事なさかさ北アルプスを見ることができた。

 

 

ゴンドラリフト、アルペンクワッドリフトを乗り継ぎ、黒菱まで上がった。まだスキーシーズン中であり、多くの若者たちがスキーやスノーボードを楽しんでいた。黒菱は標高が高いので雪質もかなり良い。スキーを用意をしてくればよかった(年甲斐もなく)と悔やまれる。

眼前に白馬鑓ケ岳(2903m)杓子岳(2812m)白馬岳(2932m)がそそり立つ。今年の夏はもう一度(50年ぶりに)大雪渓から白馬にチャレンジしようと心に決めた

 

 

好天は330日の夕方までで、その後くもり始め、翌朝はご覧のとおり木々に雪の花が咲いていた。

 

 

好天は330日の夕方までで、その後くもり始め、翌朝はご覧のとおり木々に雪の花が咲いていた。

 

宿泊したロッジ

翌朝は雪の花が咲いた

 

雪の花が満開 白馬はまだ冬が終わっていない

 

遊びの専門店TOPページへ