週刊情報通信インデックスno.168 98/08/22
 

 1 NTT、インターネットでペイ・パー・ビュー(PPV)サービス、98年8月後半に実施 【8/3日経ニューメディア】
視聴者に画像等を有料で提供するこのサービスは、コンテンツを利用する度に課金するのではなく、事前に利用料を支払う仕組みを採用している。

2ソニー,チューインガム大の小型フラッシュメモリーカード「メモリースティック」を発売 【8/3 NIKKEI ELECTRONICS WIRE SERVICE】
大きさは縦21.5×横50×厚さ2.8mm,重さは4g。記憶容量と価格は、4MBの「MSA-4A」が3300円,同8MBの「MSA-8A」が4400円。

3大日本印刷、NTT、大塚商会がXMLによる電子文書の共同配信実験開始
【8/4 Internetwatch】

4 NTT、自社の次世代の共通鍵暗号方式で米国標準暗号に応募
【8/5 JamJam】
http://www.ntt.co.jp/index-j.html

5 goo、ヤフー!に対抗し、ネット対戦ゲームを無償提供 【8/5 JamJam】
http://www.goo.ne.jp/

6 KDDは、NTT移動通信網へ接続申し入れ。携帯電話からのKDD国内電話サービスを可能に 【8/6JamJam】
http://www.kdd.co.jp/

7三菱電機、自社開発の暗号アルゴリズムの基本特許を無償化
【8/7 Internetwatch】
http://www.melco.co.jp/news/1998/0805-b.htm

8携帯電話加入、安定期に移行、7月増加数89万台に、PHSの減少幅、過去最高を更新 【8/8日経】
7月の携帯電話契約者の月間増加数は89万6千台。過去2年の7月の増加数はそれぞれ100万台を超えていた。

9米アマゾン・コムは4日、プラネットオールとジャングリーを買収することで両社と合意したと発表。 【8/5MM-High-Tech Business News】
http://www.amazon.com/
買収するのはウェブサイトを利用した住所録管理サービスのプラネットオ―ルと、商品や求人情報の比較サービスのジャングリー。

10マイクロソフト、インターネット関連技術開発、シリコンバレーに拠点
【8/8日経】

11  VICS情報受信機50万台越える。対応カーナビも売上げ台数の25%越
【8/10読売新聞、8/11日経】

12 NTT国際通信、11月にも世界数カ国を結ぶコンテンツ配信の負荷分散サービス 【8/10日経ニューメディア】
コンテンツ利用者に最も近いサーバを選んでコンテンツを配信するグローバルフィード(Global Feed)技術を活用する。

13日本火災、システム全般を対象とする保険を発売
【8/11日経Biztech】
この「ネットワークシステム総合保険」では、1)コンピュータ・ウイルスによるプログラムやデータの損害、2)従業員の故意または過失によるデータの消失、3)不正アクセスによるコンピュータ犯罪被害、4)システム・ダウンにより取引先に与えた損害賠償、などを補償対象とする

14トヨタ、高度道路交通システム、電気自動車で実験、社員の移動に活用、衛星通信で渋滞回避も 【8/15日経】
今後20年で累計50兆円市場とされるITSで主導権確保を狙う。
 

15 MIT経営大学院、99年9月入学分から願書のインターネット提出を義務化
【8/11 InternetWatch】
http://www.gradadvantage.org/
これにより大学側の受付業務のコスト削減、学生側の手続き簡素化を狙う。

16サン、開発者向けにソラリスを無償提供 【8/12 InternetWatch】
http://www.sun.com/smi/Press/sunflash/9808/sunflash.980810.2.html
無償になるのは、学術・研究の目的の利用者、非営利開発者である。

17マレーシア治安当局、インターネット上で暴動の噂を立てた犯人を捜査
【8/12 InternetWatch】

18米シティバンクのネットセンター支店、2010年までの顧客獲得目標10億人
【8/13 InternetWatch、電波新聞】
これまでもオンラインバンキングを行ってきた同社だが、今度ネットスケ―プ社との提携でネットスケープ社のサイトでオンラインバンキングを可能にすることで合意した。2010年までに10億人の顧客獲得を目指す。

19 IBMとマイクロソフトが共同でXMLに関する新しい仕様をW3Cに提出
【8/13日経Biztech】
http://www.w3.org/Submission/1998/11/

20米大統領大陪審証言、ハッカー侵入に備え警戒、ホワイトハウス、暗号駆
使し防御 【8/16日経】
“盗聴熱”が高まる中、米政府の暗号技術を駆使した機密保持能力が試される。
 
 

 
 

ホームページへ