週刊情報通信インデックスno.160 98/06/20
 
 

1受発注などの電子取引、主要産業で仕様統一、官民で来月新組織、CALS普及促す 【6/8日経】

2サンクスアンドアソシエイツ、キャッシュカード決済を来秋開始、第一勧銀と組み小売業初 【6/8日刊工】
クレジットカードではなく一般の銀行系キャッシュカードを利用する試みは小売り業界で初めてのケース

3 NHK、データ放送ノウハウ蓄積、参院選開票速報ネットで実験
【6/9日経産、日本工】
BSデジタル放送でのデータ放送の実験の位置づけ。先の都議選で局内のイントラネットで実験済み。

4インターネット白書98、日本のインターネット人口、1000万人突破
【6/10 InternetWatch】

5 NTTデータ通信、インテュイットと総販売店代理店契約を締結
【6/11毎日】

6オムロン、顔認識技術で米社と提携 【6/12 MMハイテクビジネスニュース】
同技術を現金自動預払機(ATM)や保安分野への応用を進め、2001年に100億円規模の売り上げを目指す。
                
7大蔵省が報告書案、電子マネー参入を厳選、企業の資金力審査
【6/14日経】
原則として金融機関に限らず、商社やメーカー、流通などの参入も妨げない方針だが、一定以上の資本を有する必要があると指摘しており、資本金の小さなベンチャー企業などが排除される可能性もある。

8米国電気通信工業界、CDMA方式携帯電話、高速データ通信の新規格策定へ 【6/9日刊工】

9コンピュータを中学校の必修科目に、米大統領がMITの卒業式で演説
【6/9 InternetWatch、6/10 MMハイテクビジネスニュース】
http://www.whitehouse.gov/WH/New/html/19980605-28045.html
米国では、既に10州で高校の必修科目になっているとのこと。

10 AOL、「ICQ」のMirabilis社を買収
【6/10 InternetWatch】
 

 

ホームページへ