週刊情報通信インデックスno.149 98/03/28


1次世代携帯電話、ホームページ閲覧可能に、アクセスが新言語開発、電機
5社と標準狙う 【3/16日経産】

2日本イリジウム、衛星携帯電話料金の認可申請
【3/16 JamJam、3/17電波新聞】

・http://www.ddi.co.jp/iridium/top1.html
・衛星携帯から衛星携帯への通話料は、海外との通話の場合、1分$5.31
(を円換算)程度、国内同士では$2.67程度となる。

3 NTT、インターネットを超高速化、次世代プロトコル開発、毎秒622
メガ伝送に成功 【3/17日本工】

4タイタス・コミュニケーションズ、CATV電話、加入者間通話、夜間は
無料に、5月から実施 【3/17 JamJam、3/18日経、3/19日本工】

・http://www.titus.co.jp/
・ジュピターテレコムも今月から、東京都杉並区内でCATV加入者間の通
話料金を日中で3分5円に値下げを実施。

5郵政省通信総合研究所(CRL)、あらゆる音を楽譜に変換する技術を開発
【3/17 JamJam】

・http://www.crl.go.jp/
・音の情報を楽譜(MIDI)化することにより、データ量はPCMの1000分の1
となり、低速な網での伝送が可能になる。また、楽譜による検索なども
可能となるなどメリットが多い。

6光ファイバー家庭に近づく、NTT、まず神戸で 【3/18日経】

・NTTは新しい光アクセスシステム「πシステム」を19日から設置する。
従来の光化は電話局と地中の配線点を結ぶ地中部分迄であたったが、新シ
ステムでは、光ファイバが各家庭の近くまで敷設されるため、申し込みか
らサービス提供までの期間が短縮されるなどの効果がある。

7 「安い携帯電話」は撤退へ、PHSでNTT宮津社長
【3/18 JamJam、3/19 InternetWatch、3/19電波新聞】

8電子取引、株式売買で規格、富士通など3社、証券3社が採用
【3/19日経】

・富士通、日立製作所、NECの3社が開発SECEは銀行、証券などの金
融取引で国内独自の慣習に対応するもので、SETに準拠した規格。新日
本、岡三、和光の証券3社が採用し、今夏にもインターネットでの証券売
買を始める。

9独電力会社など3社、電線を介したデータ通信網のサービス実験開始
【3/16 JamJam】

10ビューネットシステムズ、ディアンドアイシステムズと提携、インターネ
ットTV、数字入力で接続可能に 【3/18日経産】

11インターネットのメール配送サーバープログラム、sendmailが商品化
【3/19 InternetWatch】

・http://www.sendmail.com/



ホームページへ