週刊情報通信インデックスno.136 97/12/20


 1 DDIセルラー8社とIDO、衛星携帯のイリジウム販売へ
  【12/8 JamJam】

 ・端末の料金は30〜35万円、端末重量は最小でも300グラム程度の予定。
 ・国際派ビジネスマンや災害対策、報道関係など国内で15万〜20万のユーザ
  ー獲得が目標。

 2 ノートパソコンを受注生産、東芝が先陣、来年からコスト競争力一段と強
  化 【12/8 電波新聞】

 3 インターネット関連サービス、ディアンドアイシステムズ、電話番号入力
  しホームページ接続 【12/8 日経、日刊工】

 4 パーフェクTV、11月の加入者数、有料化後で最高 【12/8 日経】

 5 日本電信電話(NTT)、国際デジタル通信(IDC)と提携、
  通信「99年体制」幕開け 【12/9 日経】

 ・NTTとIDCの提携に先立って、日本テレコムと日本国際通信(ITJ)、
  KDDとテレウェイ(日本高速通信)も合併合意した。NTTとIDCの提
  携合意は、通信業界の競争軸がNTT・KDD対新電電という「85年体
  制」から、NTT分離分割を機に全方位で競争が進む「99年体制」へと変
  わってきた。

 6 仏ジェムプラス、Javaが動く多機能ICカード3種を日本で発売
  【12/9 JamJam】

 7 野村総合研究所、デジキャッシュ社と提携、電子マネーシステム、来春から
  国内販売 【12/11 JamJam、12/12 日経】

 ・野村総研は今年7月から、さくら銀行と共同で電子マネーシステム「eキャ
  ッシュ」を社内で実験してきた。海外の電子マネーではソフトバンクと組ん
  で国内で事業を始めた米サイバーキャッシュ社に次いで二社目の日本進出。

 8 マイクロソフト、財務会計分野の情報交換に標準仕様策定へ、NTTデー
  タなど8社と共同で研究会発足 【12/13 電波新聞】

 9 ホットメール、年内にも会員1000万人を獲得か 【12/10 JamJam】

 ・同社のビジネススタイルは、無料で電子メールアカウントを発行し、ウ
  ェブ上でメールの送受信が出来るサービスを提供するもの。
 ・同社の収入は広告料によるものだが、1年半でここまで達成したのは脅
  威的な成長率、現在も1日6万人の割合で会員が増加中。

10 56Kbpsモデム、ロックウェルのK56flex技術、ITU標準化
  部会が圧倒的多数で支持 【12/10 電波新聞】

 ・現在2方式が存在する56Kモデムであるが、98年9月にflexが
  正式批准される見通し。

11 米AT&T、ディレクTVと資本関係を解消 【12/10 日経産】

12 サン、WWWブラウザーを最新のJavaに対応させるソフトを発表
  【12/11 JamJam、12/12 InternetWatch】

 ・ソフト名は「Java Activator」、これは標準ではJava完全互換でない
  ブラウザに対して、最新のJava実行環境を提供するものであり、各社
  の思惑で互換性の維持が危ぶまれていたJavaの問題を解決することを
  狙っている。

13 インターネット閲覧ソフトと基本ソフトの抱合せ販売、米連邦地裁が
  マイクロソフトに中止命令 【12/12 JamJam、12/13 電波新聞】



ホームページへ