週間情報通信ニュースインデックスno.99682015/05/30


1.米グーグルが次期OS「Android M」を披露、ユーザーの行動を先読みして動作(5.29 nikkeibp)
  米グーグルは2015年5月28日(米国時間)、サンフランシスコ市内で年次イベント「Google I/O 2015」を開催し、モバイル用OSの次期バージョン「Android M」の新機能を披露した。ユーザーの行動を先読みして最適な情報を提供する「Now on tap」や、スマートフォンを使った決済機能の「Android Pay」などが主な新機能である。このほか、IoTデバイス向けの軽量OS「Project Brillo」も披露している。

 Android Mは、現在の「Android 5.0 Lollipop」の次期版であり、同日に開発者向けプレビューを公開した。正式版は2015年第3四半期に出荷する予定。Android Mの目玉機能となりそうなのが、「Google Now」の追加機能であるNow on tapだ。

 Now on tapは、ユーザーがスマートフォンのボタンを長押しすると、プログラムがユーザーの現在の行動内容を理解して、ユーザーが次に何をしたがっているか予測し、その予測に基づいてユーザーに必要な情報を提供する機能だ。

 例えば基調講演では、「『Tomorrowland』という映画を今晩見ないか?」という内容のメールを受け取ったユーザーがスマートフォンのボタンを長押しすると、画面の下部に映画Tomorrowland」に関する情報が表示されるというデモが行われた。プログラムはユーザーがその時に読んでいるメールの内容を理解して、それに応じた情報提供をしているというわけだ。

 スマートフォンを店頭におかれたリーダーにかざすと決済ができるという「Android Pay」は2015年内に開始する。このほかAndroid Mでは、セキュリティ機能を強化するほか、アプリケーションの使い勝手を高める。

   IoTデバイス用の軽量OSである「Project Brillo」は、Androidから、カーネル、HAL(ハードウエア・アブストラクション・レイヤー)、通信機能といった基本的な機能だけを抜き出したものになる。またProject Brilloとあわせてグーグルは、IoTデバイスとクラウド、スマートフォンの三つを接続するメッセージングサービスである「Weave」を提供する予定だ。Brilloは2015年第3四半期に、Weaveは2015年第4四半期に開発者向けに公開する予定。

    2.AzurePowerがAzure閉域網接続をワンストップで提供、月額14万円(5.28 nikkeibp)
  アジュールパワー(AzurePower)は2015年5月28日、Microsoft Azureへの閉域網接続をワンストップで提供する「Azure閉域接続サービス」を開始した。アクセス回線やIP-VPN、Microsoft Azureといった複数のサービスをアジュールパワーが裏で一つにまとめ、ユーザーに対して単一の自社サービスのように見せて提供する。ユーザーから見て、契約/課金窓口やサポート窓口を一本化できる。価格(税別)は、基本契約の「Basicパック」が月額14万円。

 Microsoft Azureへの閉域網接続に必要な通信機器や通信サービスをパッケージ化した。Basicパックの構成要素は、アクセス回線(フレッツ光ネクスト、帯域は200Mビット/秒)、ルーター機器のレンタルとルーター監視サービス、IP-VPN(アルテリア・ネットワークスのVECTANT)、ExpressRoute(Microsoft AzureにIP-VPN経由で接続するインタフェース、1.5Tバイト以下のトラフィック課金費用を含む)。

 オプションで、アクセス回線を二重化する「二重化パック」(月額5万9000円)と、モバイル端末を企業やMicrosoft Azureに閉域網で接続する「閉域SIMパック」(SIM×10枚で月額3万9800円)を用意した。Basicパックのアクセス回線はフレッツ光ネクストに限られるが、二重化パックはソフトバンクの「光アクセス」などを併用する。閉域SIMはNTTドコモのネットワークを使う。SIMロックフリー型の端末やNTTドコモの端末を利用できる。

     3.国内モバイルユーザーの63%がPW不要の無線LANを利用――情報漏えいリスクに(5.26 nikkeibp)
  チェコのセキュリティソフト企業Avast Softwareは2015年5月26日、国内のスマートフォンおよびタブレットユーザーの63%がIDやパスワードが不要なフリー無線LANサービスに接続しているとの調査結果を発表した。同社では、パスワード不要のフリー無線LANを利用するのは個人情報漏えいのリスクにつながると警告している。 

 国内のAvastユーザーを対象に実施したオンライン調査。モバイルユーザー調査では、2300人のうち55%がモバイル端末の無線LANスイッチを1度も、またはほとんどオフにせず公共無線LANに自動接続できるように設定しており、個人情報が盗まれやすい環境を自ら作っていることが分かった。その一方で、モバイル端末を保護するために仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用しているユーザーは5%にとどまった。  

 また、家庭ネットワークの調査では、1300世帯のうち31%でルーターが「ユーザー名:admin」「パスワード:admin」(またはpasswordやパスワードなし)」など初期設定のままとみられる組み合わせで使われていた。また、約半数が住所、氏名、電話番号、通りの名前など、推測されやすい言葉をパスワードに使っていた。  

4.経産省と東証がお墨付き「攻めのIT経営銘柄」 東レやコマツ、日産など18社(5.26 nikkeibp)
  経済産業省と東京証券取引所は2015年5月26日、IT活用に戦略的に取り組む企業を選定する「攻めのIT経営銘柄」18社を発表した。業績指標や、調査票への回答内容の評価、策定委員会による審査を踏まえて、東証上場企業約3400社の中から1業種当たり1社(一部業種は該当なし)、合計18社を選定した。

 選定されたのは積水ハウス(建設業)、アサヒグループホールディングス(食料品)、東レ(繊維製品)、エフピコ(化学)、ブリヂストン(ゴム製品)、JFEホールディングス(鉄鋼)、コマツ(機械)、日立製作所(電気機器)、日産自動車(輸送用機器)、ニコン(精密機器)、トッパン・フォームズ(その他製品)、大阪ガス(電気・ガス業)、東日本旅客鉄道(陸運業)、アルファポリス(情報・通信業)、三井物産(卸売業)、三井住友フィナンシャルグループ(銀行業)、東京海上ホールディングス(保険業)、東京センチュリーリース(その他金融業)。

 東京都内で開催された発表式典で、宮沢洋一経産相(写真2)は「サイバー空間と現実世界が接続されつつある大きな変化の中で、国際的な競争が始まっている。勝ち残るには、日本企業のIT活用もコスト削減のための『守りのIT』から、ビジネスモデル革新のための『攻めのIT』へと変わっていかなければならない。本日選定された企業はいずれも各業界において『攻めのIT』を進めているトップランナーだ。この18銘柄の投資パフォーマンスは、日経平均銘柄を上回っている」と述べた。

    5.「iOS 9」は「iPhone 4S」や「初代iPad mini」もサポートする見通し( nikkeibp)
  米Appleが今秋リリースする予定の次期モバイルOS(通称「iOS 9」)は、古いモデルのiPhoneやiPadに対するサポートが充実するようだと、複数の米メディア(9to5MacやForbesなど)が現地時間2015年5月25日までに報じた。  

 9to5Macは、事情に詳しい関係者の話として「iOS 9はA5チップを搭載したデバイスにも対応する」と伝えている。これには、2011年に発売された「iPhone 4S」や2012年に発売された初代「iPad mini」などが含まれる。  

 Appleは、新しいiOSをリリースする際に数世代前の同社製モバイル端末をサポートする。だがForbesによるとそのうち最も古いモデルを新OSに移行すると、動作が遅くなったり、不安定になったりすることがあった。例えば、iPhone 4をiOS 6からiOS 7に移行した際は、動作速度が著しく低下した。またiPhone 4Sのプロセッサと3.5インチ画面は、現行のiOS 8との互換性が完璧とは言えないという。 

 こうした問題を解消するため、Appleはこれまでとは異なるアプローチでiOS 9を開発しているという。9to5Macによると従来のiOS開発手法は、まずすべての機能を搭載した新OSを用意する。その後試験を行い、旧モデルで動作が不安定になる機能を見つけていく。そして、うした機能は新OSの旧モデル版から外すというやり方だった。これに対し新しい方法は、まずA5デバイスで動作するiOS 9のコアバージョンを開発し、それぞれの新機能を一つひとつ実現していく。これによりiPhoneやiPadの旧モデルでもiOS 9との互換性が保たれるという。 

 また9to5Macによると、iOS 9では当初計画されていた新機能の多くが搭載されないことになったという。iOS 9は、品質や安定性を重視するOSとしてリリースされるという。関係筋は「(iOS 9は)消費者にとって新しいものが全くないOSとは言わないが、新機能のリストは当初の計画よりも短くなった」と話したという。



 ホームページへ