週間情報通信ニュースインデックスno.925 2013/10/26


1.NTTコム、次世代VPN「Arcstar Universal One仮想ネットワークサービス(仮称)」を3月に開始(10.25 nikkeibp)
 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、2013年10月24日から25日にかけて都内で開催中のプライベートイベント「NTT Communications Forum 2013」にて、2014年3月から次世代VPNサービス「Arcstar Universal One仮想ネットワークサービス(仮称)」の提供を開始することを明らかにした。

 Arcstar Universal One仮想ネットワークサービス(仮称、以下仮想ネットワークサービス)は、ユーザーのパソコンやスマートデバイスにインストールした専用クライアントソ フトを使い、既存のWANサービスやインターネット上で、ユーザー単位でグルーピング可能なオーバーレイ仮想ネットワークをオンデマンドで構成できるサー ビス。SoftEtherに似たクライアントで終端するタイプのVPNであり、NTTコムが独自開発したという。

 さらに2014年秋から、ユーザー拠点のLAN内にあるファイアウォールやWAN高速化装置などをキャリア網側で仮想的に提供するサービスも開始予定と いう。このようなLAN機器の仮想化は、通信事業者のネットワーク機能を仮想化基盤上で実現する「NFV(Network Functions Virtualization)」の一つのユースケースとして、NFVの推進団体である「NFV ISG」が10月に打ち出した公式文書にも定義されている(関連記事:NECがNFVを商用化、まずは仮想化モバイルコア「vEPC」を販売開始)。

2.ソニー、スマホやタブレットから番組視聴できるBDレコーダー(10.25  nikkeibp)
 ソニーは、スマートフォンやタブレットから番組視聴できるブルーレイディスクレコーダー5機種を2013年11月16日発売する。ホームネットワーク経 由で家の中どこでもテレビ番組を視聴できるほか、上位機種では録画番組を転送して外出先で見ることもできる。価格はオープン。

 ホームネットワークでテレビ番組をストリーミング配信できるため、Android端末やiPhone/iPadから現在放送中の番組や録画済みの番組を 視聴できる。DNLAに準拠した「ソニールームリンク」対応テレビやパソコンからも同機能を利用可能だ。

3.もうOfficeは不要? マイクロソフトへの強烈なアタック(10.24  nikkeibp)
林 伸夫
 10月23日早朝のプレゼン見ましたか? まだの人はオンデマンドでいつでも見られる(方法は後述)ので、今晩にでもゆっくり。今回の発表で新しいのは iPadが軽くなったり、iPad miniの画面がきめ細かくなったり、と、アップルのビジネスを更改するほどのものはあまりなく、ちょっと期待外れ。しかし、長年パソコンビジネスをウ オッチしてきた私にとって驚きだったのはOS Xは新版になったにもかかわらず全部無料、新規ハード購入者にはオフィス系ソフトも、ビデオ/写真/音楽を楽しむ充実のアプリケーションも無料。う〜〜 ん、こうなると、他のプラットフォームに比べて、買ってきたその日からできることが圧倒的に多く、かつ快適。情報機器はハード/ソフト一体となったときの 機能性で価値が決まるものであるため、アップルは大きなアドバンテージを手に入れたことになる。一般ユーザーに向けて、もう、マイクロソフト製品は買わな くていいですよ、との強いメッセージを発信しようとしたものと考えられる。

4.NEC、世界最軽量のモバイルノートおよびUltrabookなど法人向けPC 新製品(10.24 nikkeibp)
 NECは2013年10月23日、法人向けノートパソコン「VersaPro」とデスクトップパソコン「Mate」の新製品を発売した。世界最軽量をう たった13.3型モバイルノートおよびUltrabook「VersaPro UltraLite タイプVG」2モデル、事務机に収納可能な13.3型モバイルノート「VersaPro UltraLite タイプVC」など、12機種33モデルをラインアップした。

 VersaPro UltraLite タイプVGは、解像度WQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶を搭載したモバイルノートと、タッチパネル付きフルHD(1920×1080ドッ ト)IPS液晶を搭載したUltrabookの2モデルを用意。両モデルとも、同ジャンルの製品で世界最軽量という。液晶以外の仕様は同じで、CPUに第 4世代Core i5-4200Uを搭載する。

 モバイルノートは、約9.2時間のバッテリー駆動が可能。本体寸法は幅319×奥行き217×高さ14.9mm、重さは約795g。希望小売価格は33 万8100円から。

5.2013年の世界PC出荷台数は11.2%減、タブレットは53.4%増、 Gartner予測(10.22 nikkeibp)
 米Gartnerが現地時間2013年10月21日に公表した市場調査によると、パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた2013年の世界出荷台 数は前年から4.5%増の23億1600万台となる見通し。これらのコンピューティングデバイスは、ほぼすべての製品カテゴリーで低価格化が進んでおり、 そうした低価格デバイスが市場の成長をけん引しているという。

 Gartnerの推計によると、2013年における従来型パソコン(デスクトップ・ノートパソコン)の出荷台数は前年比11.2%減の3億300万台。 一方で同社が「ウルトラモバイル」と呼んでいるChromebookなどの薄型軽量パソコンの出荷台数は1900万台で、まだ数は少ないものの前年比 90%増と大きく伸びる見通し。従来型パソコンとウルトラモバイルを合わせたパソコン全体の出荷台数は前年比8.4%減の3億2200万台になると予測し ている。

 これ対しiPadなどのタブレット端末の2013年における出荷台数は1億8400万台で、前年比53.4%増と大幅に増える。また携帯電話は18億 1000万台で、同3.7%増と安定した伸びを続けるという。

 2013年におけるコンピューティングデバイスの出荷台数をOS別に見ると、「Android」が8億7991万台で最も多く、全出荷台数に占める割合 は38%になる見通し。この後「Windows」の3億3155万台(シェアは14%)、「iOS/Mac OS」の2億7194万台(同12%)、「BlackBerry(RIM)」の2310万台(同1%)と続くと同社は予測している。


 
 ホームページへ