週間情報通信ニュースインデックスno.911 2013/07/13


1.「イーサネットファブリックが仮想化の費用を削減する」、米Brocadeの CEO(7.12 nikkeibp)
 ブロケードコミュニケーションズシステムズは2013年7月12日、1月に米Brocade Communications SystemsのCEOに就任したLloyd Carney(ロイド・カーニー)氏の来日会見を開いた。プレゼンではあらためて「仮想化/クラウドによって複雑化するネットワークの運用コストをいかに 削減するかが鍵になる」というメッセージを発信。コスト削減の解として、同社の主軸技術であるイーサネットファブリックを挙げた。

 Carney氏はまず、米Forrester Researchの調査結果から、ネットワークに関する費用の71%が運用管理に割かれているというユーザーの現状を提示。「この構成比を逆転させなけれ ばならない。新たな取り組みやプロジェクトに8割の費用をかけるのが理想だ」(Carney氏)と強調した。

 現状の仮想化/クラウド環境の下では、ネットワークを仮想サーバーに合わせて動的に再構築/再設定する負荷が高まっているほか、トラフィックの構造も東 西トラフィック(仮想サーバー同士の横の通信)が主体になるなど、変化してきている。こうしたなか、ネットワークの運用管理コストを削減する手段の代表格 として同社が位置付ける技術が、イーサネットファブリックである。

 同社のスイッチ機器「Brocade VDX」が、同社がVCS(Virtual Cluster Switching)と呼ぶイーサネットファブリック技術を搭載している(関連記事:ブロケード、VMware環境のネット設定を自動化したスイッチ新 版)。こうした技術の効果についてCarney氏は、「初期導入コストを20%削減し、運用管理コストを50〜80%削減し、50万ドルの初期投資に対し て5年間で120万ドルを削減できる」と説明する。

Carney氏はさらに、競合の1社である米Cisco Systemsと初期導入コストを比較した例を提示した。10GbE×200ポートのネットワークを構築した場合、同社のイーサネットファブリック技術 (VCS)を使うと25万ドル、同社の古典的なスイッチなら48万ドルかかる。これに対して、米Cisco Systemsの場合、仮想化基盤向けのCisco Nuxus 7000で60万ドル、古典的なスイッチのCisco C6K E-Series(54ポート)で80万ドルかかるとした。

2.日本マイクロソフトがSurface RTの価格を改定、キャンペーン価格がそのまま新価格に(7.12 nikkeibp)
 日本マイクロソフトは2013年7月12日、同社の自社ブランドタブレット「Surface RT」(写真)の本体価格を改定、キャンペーン価格をそのまま新価格とすることを発表した。同社は6月14日から7月14日までの期間限定キャンペーンと して一律1万円値下げしているが(関連記事)、7月15日以降も同価格となる。

 7月15日以降の新価格(いずれも参考価格)は、32GBモデルのタッチカバー(キーボード兼用、以下同)無しが3万9800円、32GBモデルのタッ チカバー付きおよび64GBモデルのタッチカバー無しが4万7800円、64GBモデルのタッチカバー付きが5万5800円となる。

3.ドコモが富士山でLTEサービスを開始、山道や山頂をカバー(7.11  nikkeibp)
 NTTドコモは2013年7月11日、富士山の山頂、登山口、登山道、山小屋においてLTEサービス「Xi」の提供を開始した。提供期間は富士山が山開 きしている8月下旬まで。提供期間を過ぎると、山頂に設置したブースターを停止する。ただし基地局の電波は止めないので、提供期間外でも登山道では通信で きる。

 具体的な提供エリアは吉田口、須走口、御殿場口、富士宮口の各登山口・登山道・山小屋および山頂。従来、第3世代携帯電話サービス「FOMA」を提供し ていたエリアでLTEエリアを展開する。エリア内では最大75Mビット/秒または最大37.5Mビット/秒で通信できる。

4.佐賀県教委、全県立高校でWindows 8タブレット導入を決定 iPadと比較検討して選定、2014年度から約7000人の新入生が活用(7.11 nikkeibp)
 佐賀県教育委員会は、2014年4月から全県立高校の新入生約7000人に、1人1台のWindows 8搭載タブレットを導入すると決定した。これまでiPadとWindows 8タブレットの双方で検証してきたが、2014年度はWindows 8タブレットを採用することにした。

 当初の計画では、2013年度に36の県立高校全てでタブレットの活用を始める予定だったが、Windows 8タブレットとiPadのどちらを選定すべきかという検証が間に合わず、2014年度に持ち越した。2013年度は、5つの実証研究校を2校と3校に分 け、Windows 8のタブレット520台とiPad520台をそれぞれ導入し、検証を続けてきた。

 その結果、2014年度はWindows 8 Proのタブレットを導入することに決定した。「先生方は普段からWindowsを使っていることもあり、例えば1時間目の授業で使った教材を3時間目ま でに作り直すといった場合に、即座に対応できるWindowsタブレットの方が使いやすいとの声が上がった。iPadはビューワーとして優れているが、編 集・加工までiPadだけでやろうとすると難しい」(教育情報化推進室の福田孝義室長)といった点などが選定の理由として挙げられるという。

5.NECがSDN構築をSIメニュー化、2015年に800人のSEで1500億 円を見込む(7.10 nikkeibp)
 NECは2013年7月10日、ソフトウエアでネットワーク構成を動的に組み直す技術であるSDNの普及を見込み、SDNによるネットワーク構築サービ スをSIサービスとしてメニュー化した。2013年10月から順次、業務システム構築を手がける既存のSI事業部門がユーザー向けに提供開始する。事業目 標についてSDN戦略本部長の野口誠氏は、「2015年時点でSDNに熟達したSEを800人に拡大し、1500億円の売り上げを見込む」とした。

 NECのSI事業部門が手掛ける個々のシステム構築サービス案件ごとに、ネットワーク部にSDNを取り入れて提案できるようにする。ただし、このために は個々の案件(プロジェクト)ごとにSDNに熟達したSEが張り付く必要がある。この問題を解決するために、SEのスキル育成機関やSDN技術者の人材 プールとして機能する部門横断型のバーチャル組織「SDN専任部門」を新規に用意した。SDN技術者の人材プールは、NECのグループ会社のSEが中心と なる。

 SEがSDNのスキルを身に付けることで、業務システムの開発者みずから、業務の要件に合わせてネットワークを動的に構成できるようになる。必要なネッ トワークリソースを必要なときに調達できるので、運用コストだけでなく設備コストも削減できる。これに対して従来は、ネットワーク構築はネットワークイン フラ担当者の職務であり、本来必要ではないネットワークリソースを割り当てるといった無駄が生じていた。

SDN構築の典型例に合わせて5つのメニューを用意
 今回メニュー化したSDN構築SIサービスの名称は「NEC SDN Solutions」。SDN構築にフォーカスしてメニューを作成しているので、業務システム開発との組み合わせにとどまらず、既存のネットワーク構築 SIサービスのようにSDN構築だけを発注することも可能である。10月から提供するSDN構築SIサービスは5つで、具体的には、以下の通り。

 (1)「拠点・データセンター接続最適化ソリューション」は、通信回線の利用効率と経路を最適化する。(2)「オフィスLAN最適化ソリューション」 は、社内のネットワーク機器を集約して集中管理する。(3)「アクセス認証ソリューション」は、ネットワークへのアクセスを制御する。(4)「IaaS運 用自動化ソリューション」は、サーバーと同様にネットワークを動的に配備できるようにする。(5)「データセンターネットワーク統合ソリューション」は、 既存のネットワーク設定を維持したまま複数ネットワークを統合する。



 ホームページへ