週間情報通信ニュースインデックスno.908 2013/06/22


1.Webカメラを使った盗撮に注意、「使わないならテープでふさぐ」 ソフトウエアの脆弱性を悪用される、セキュリティ企業が警告(6.21 nikkeibp)

 フィンランドのセキュリティ企業であるエフセキュアは2013年6月20日、Webカメラを悪用した盗撮が話題になっているとして注意を呼びかけた。パ ソコンにインストールされているソフトウエアに脆弱性があると、細工が施されたWebサイトにアクセスするだけで、Webカメラを乗っ取られる恐れがある という。

 同社は同日付の英BBCの記事を引用し、英国の非営利団体「チャイルドネット・インターナショナル」が、Webカメラの悪用に関して注意を呼びかけてい ることを伝えた。自分のパソコンに接続されたWebカメラを知らないうちに乗っ取られ、盗撮される事件が相次いでいるという。

 具体的には、攻撃者はWebカメラを使うソフトウエアの脆弱性を悪用して乗っ取り、遠隔からWebカメラを操作できるようにする。実際、6月13日に は、ロシアのセキュリティ専門家が、Webブラウザー「Chrome」の脆弱性を突いて、Chrome内蔵のFlash Playerを乗っ取るデモを公開している。

2.NTT西日本が「テレビ電話チョイス定額」を拡充、月額525円で1通話3時間 までかけ放題(6.20 nikkeibp)
NTT西日本は2013年6月20日、ひかり電話サービスのオプションとして提供している「テレビ電話チョイス定額」のサービス内容を拡充すると発表し た。

 テレビ電話チョイス定額は、ひかり電話基本料に加えて月額525円を支払うことで、あらかじめ指定したテレビ電話の通話先に対して、一定の時間内であれ ば通話し放題となるサービスである。

 これまでは指定できる電話番号は最大2件まで、かけ放題対象となる通話は1通話につき30分までだったが、7月1日から指定できる電話番号が最大5件 に、対象となる通話が1通話につき3時間までとなる。

 今回のサービス内容見直しの背景としてNTT西日本は、「家族間の通話だけでなく遠隔授業やネットスーパーなど企業が顧客向けサービスに利用するケース が増えているため」(NTT西日本)としている。

3.湖西市がLibreOffice導入、7年間で1400万円のコスト削減見込む (6.20 nikkeibp)
 静岡県湖西市は2013年6月14日、市役所の全パソコンにオープンソースのオフィスソフト「LibeOffice」を導入したと発表した。今後、全 700台のうち3分の2については更新時にMicrosoft Officeを購入しないことで、7年間で約1400万円のコスト削減を見込んでいる。静岡県内の市町でのオープンソースのオフィスソフト全庁導入は湖西 市が初となる。

 湖西市は2012年度にオフィスソフトを検討するプロジェクトを設置し、市役所内の各部門から参加したメンバーがLibreOfficeへの移行が可能 かどうかを検証してきた。その結果、可能との結論に達し、導入を決定した。

 Microsoft Officeの文書とLibreOfficeの間では、レイアウトのずれなどが発生する場合があるが、そのような問題がある文書テンプレートは修正する。 また外部とのやりとりが発生したりマクロを使った文書を処理したりするなど、Mircosoft Officeが必要な3分の1のパソコンはMicrosoft Officeを更新する。これにより、全体の3分の2にあたる約470台はLibreOfficeに完全に移行できるという。

4.3Dプリンターで「誰でもメーカー」を実現、Simeji開発者の足立氏らが サービス開始(6.19 nikkeibp)
 カブクは2013年6月19日、3Dプリンターを使って出力した製品を誰でもネット経由で気軽に販売できるようにするオンラインサービス 「rinkak」(リンカク)を発表した。同日から利用者限定のクローズドベータサービスの提供を開始し、6月中には利用者を公募する形のオープンベータ サービスに移行する見込み。正式サービスの提供日時は未定。

 rinkakは、新しい「ものづくりマーケット」機能を提供するサービス。高性能な3Dプリンターなどを利用することで、精度の高い立体物をオーダーに 基づいて1個単位でその都度製造して販売する。Android向けの日本語入力アプリ「Simeji」の開発者である「adamrocker」こと足立昌 彦氏と、同社社長CEOである稲田雅彦氏が共同で立ち上げた。

 3Dモデルデータを持っているクリエイターは、同サービスにモデルデータを登録しておくだけで、製造設備を持たずに製品を製造し、同サービスを通じて販 売できる。スマートフォンのアプリマーケットなどと同様に、クリエイターの利益分(販売価格から素材費用を除いた金額)の30%程度を手数料として同サー ビスが徴収するモデルを採用するという。

5.HuaweiがNokiaの買収を検討、ただしWindows Phoneには期待せず、英紙報道(6.19 nikkeibp)
 英Financial Timesは現地時間2013年6月18日、中国通信機器大手のHuawei Technologies(華為技術)がフィンランドNokiaの買収を検討していると報じた。Huaweiの消費者向けビジネス部門を統括する Richard Yu氏が「我々はこの種の買収を検討している。たぶん2社の組み合わせは相乗効果を生むだろう。だがそれはNokiaの意欲次第。我々は柔軟だ」とコメン トしたと伝えている。

 同紙がHuaweiに近い人物から得た情報によると、両社の間ではまだ具体的な協議は進んでいない。だがYu氏の強気の発言は世界の携帯電話市場で急成 長しているHuaweiが、スマートフォン市場でリーダの地位を狙っていることを示しているとFinancial Timesは伝えている。

 Yu氏は世界のスマートフォン市場がやがて大手3〜4社に集約されると予測しているという。また同氏は、NokiaのほかHuaweiでも一部の機種で 採用している米MicrosoftのWindows Phoneについて、「売れ行きが芳しくなく、市場シェアも低い。それなのにライセンス料がかかる」と述べたという。


 ホームページへ