週間情報通信ニュースインデックスno.874 2012/09/29


1.米アップルのクックCEOが不評のマップ機能について謝罪、Google地図な どの代用案も示す(9.29 nikkeibp)
  米アップルは2012年9月28日(米国時間)、ティム・クックCEO(最高経営責任者)が新型スマートフォン「iPhone 5」および新版OS「iOS 6」に搭載されたマップ機能について、顧客に謝罪する文書を発表した。

 iPhone 5と同時にリリースされたiOS 6には、アップルが独自に開発したマップ機能が搭載されているものの、地図情報に誤りが目立っていた。iOSに対する顧客満足度が低下したとの調査結果も 出ている。

2.日本を代表するビッグデータ技術者集団が米国で起業、米トレジャーデータが DWHクラウド開始(9.28 nikkeibp)
 米トレジャーデータは2012年9月27日(米国時間)、データウエアハウス(DWH)のクラウドサービスである「Treasure Data Cloud Data Warehouse(DWH) Service」を開始したと発表した。「Hadoop」をベースにしたDWHだが、Hadoop独自の「MapReduce」ではなく、SQLのクエ リーや「JDBC」「ODBC」などを使って蓄積したデータを活用できることが特徴。米国カリフォルニア州マウンテンビューにあるトレジャーデータは、日 本人の若手エンジニアなどが2011年に起業した。

 Treasure Data Cloud DWHは、オープンソースソフトウエア(OSS)のHadoopをDWHとして使うために、「データ分析に必要な『収集(Collect)』『保存 (Store)』『処理(Query)』という三つの要素に関して、独自の機能強化を行った」(同社最高技術責任者の太田一樹氏)。

3.コストパフォーマンスが高い7型タブレット端末(9.28 nikkeibp)
 日経エレクトロニクス分解班では、Google社が2012年7月中旬に米国で発売したタブレット端末「Nexus 7」を入手した(Tech-On!の関連記事)。開発したのは台湾ASUSTeK Computer社。Android 4.1を採用し、米NVIDIA社の最新プロセサ「Tegra 3」(プロセサが4コア、GPUが12コア)を搭載している。

 Nexus 7の前面(左)と背面(右)。背面は軟質の樹脂製だが、「nexus」という文字が彫り込まれており、それなりに質感が高い。ただし、各種の認定マークが ただのシールになっているのはいただけない。 それでいて、フラッシュ・メモリ8Gバイトのモデルの価格が199米ドルと、コストパフォーマンスの高さが 特徴だ。海外のオークション・サイトや並行輸入業者を利用すれば、日本でも送料込みで2万円台で入手できる。

 重さは340gで、600〜700gのiPadよりもかなり軽い。手に持った際にもはっきりと軽さが感じられ、「これなら持ち歩けそうだ」という感想を 持った。タッチ・パネルの操作も軽快で、普段使い用のタブレット端末としては申し分ない。

 カメラは前面のみで、背面カメラはコスト削減のためか省略されている。もっとも、タブレット端末で背面カメラを使うシーンはそれほど多くない。テレビ電 話用の前面カメラさえあれば十分だというユーザーも多いだろう。

4.4000人が列、ユニクロとビックカメラの共同店舗「ビックロ」がオープン (9.27 nikkeibp)
 ファーストリテイリング傘下のユニクロとビックカメラが手を組んだ新しい形態の店舗「ビックロ」が2012年9月27日、東京・新宿にオープンした。9 時45分の開店時点で約4000人が列をなした。

 オープンを記念したセレモニーでファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「今までにない店を作りたい。ここで一発『ビックロ』させる」と意気込ん だ。柳井会長は、将来的にビックロのような他社と組んだ共同店舗を米ニューヨークや仏パリでも展開したいという。

 ビックロは地下3階から地上8階で、売り場面積は約6700坪。ユニクロの売り場にビックカメラの家電製品を置いたり、ビックカメラの売り場にユニクロ の洋服を置いたりすることで、相互送客を促している。ビックカメラのポイントでユニクロの商品が買える特別サービスも提供する。

5.「iPhone 5」問題報告:接続やボディの傷など(9.27 nikkeibp)
「ニューヨーク市の温度は華氏91度(摂氏33度)」とSiriは主張する。しかしニューヨーカーなら誰でも、今週の温度が90度台になることはない、と 知っているだろう。
発売されたばかりの「iPhone 5」。新しい「マップ」が抱える問題(日本語版記事)のほかにも、Wi-Fi接続やボディの傷、そしてボディからの「光漏れ」、「Siri」の混乱などい くつかの問題が報告されている。

アルミニウムは傷つきやすい?

酸化皮膜処理をしたアルミニウム製の新ボディについて、iFixit社は引っかき傷にはかなり強いと話しているが、画面周囲の面取りされた部分について は、磨耗して、その下にあるアルミの素地が出てくる可能性があると指摘している。

「AllThingsD」の記事によると、iPhoneの加工された表面に引っかき傷やへこみなどがついたと話すユーザーは広範にわたり、なかには梱包を 開けたときから傷がついていたこともあるという。AllThingsDによると、アルミニウムは「iPhone 4」や「iPhone 4S」で使われていたステンレス鋼ほど、引っかき傷に強くないという。

Wi-Fi接続が遅い

「MacRumors」の指摘によると、アップルのいくつかのサポートフォーラムのユーザーが、「WPA2」(無線LANの暗号化方式の規格)で保護され たWi-Fiネットワークへの接続に問題があると報告しているという。

最も多く報告されている問題は、接続が遅いように感じられるが、同じネットワークで従来の「iOS」機器を使ってもそうした現象は見られないというもの だ。「設定」でLTEをオフにすると問題が軽減されると主張するユーザーもいるが、これは誰にでも通用する最良の回避策にはならない。

アップル・フォーラムのあるユーザーによると、アップルのサポートサーヴィス「AppleCare」ではこの問題を承知していて、原因の解明に取り組んで いるが、速度が遅いのは恐らくソフトウェアに問題があるからだと話したという。

iPhone 5のユーザー全員に問題が出ているわけではないことから、個々のハードウェアに問題があるか、特定のWi-Fi基地局との互換性に原因がある可能性も考え られる。

光が漏れる問題

iPhone 5のホワイトモデルについて明らかなもうひとつの欠陥は、フロントパネルがアルミニウム製ボディにはまっているエッジに小さな隙間があり、そこからLED バックライトの光がわずかに漏れることだ。BGRはこの問題を確認したが、完全に暗いか薄暗いときにしかこの問題には気がつかないと述べている。
この問題がiPhoneの操作を妨げることはなさそうだが、アップルはこの問題が見られた機器を交換すると伝えられている。


混乱したSiri

iPhone 5だけの問題ではないが、Siriは現在、米国の一部の都市について、天気を間違えて伝えるようだ。






 ホームページへ