週間情報通信ニュースインデックスno.866 2012/07/21

1.「koboで“読書革命”」楽天の三木谷氏 2012/07/20
楽天は2012年7月20日夜、電子書籍リーダーkobo touch(コボタッチ、試用レポート記事)の発売を記念するパーティーを開催した。出版業界関係者を中心に約300人が参加した。

 楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長(写真1)は冒頭のあいさつで、「我々は“読書革命”を掲げている。電子書籍は必ず国内出版市場の活性化につなが る。“本を読まない若者”が活字を読むきっかけになるし、日本の優れたマンガやファッション誌などのコンテンツをアジアや欧米に広めやすくなる。楽天市場 がEコマースの世界でやってきたのと同様に、電子書籍の分野でも出版社、作家、ユーザー、我々がエコシステムとして共存共栄できるようにしたい」と話し た。

2.NECが「M2M」関連サービス強化、顧客企業のアフターサービスを支援(7. 20 nikkeibp)
 NECは2012年7月20日、製造業向けM2M(マシン・ツー・マシン=機械間通信)ソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を拡充する と発表した。M2M技術の活用によりアフターサービス強化を狙う顧客企業に向けて、コンサルティングやトライアル環境、基盤・業務アプリケーションなどの 一貫型のサービスを同日から提供開始する。ターゲットはオフィス機器や大型機械・装置などを製造する企業で、今後3年間で50社への提供を目指す。

 新サービスでNECは、顧客企業がM2Mの導入・事業化に向けて考慮するべき課題を明確化し、定性・定量効果を見積もるコンサルティングを実施する。必 要なシステム機能や実現方式も立案。顧客企業がM2Mを海外展開していく意向である場合は、各国の電波利用や情報取得など法令に適合するための具体策を提 示する。

3.Microsoftの4〜6月期決算、約5億ドルの赤字(7.20  nikkeibp)
  米Microsoftが現地時間2012年7月19日に発表した2012会計年度第4四半期(2012年4〜6月)の決算は、純損失が4億9200万ドル で希薄化後1株当たり損失は0.06ドルだった。前年同期は純利益58億7400万ドル(1株当たり利益は0.69ドル)を計上していた。米メディアの報 道(Bloomberg)によると同社の四半期決算が赤字となるのは、上場以来初めてという。

 売上高は前年同期比4%増の180億5900万ドルで、第4四半期としては過去最高を記録した。営業利益は1億9200万ドルで同97%減少した。

4.南極にもGoogleストリートビュー(7.19 nikkeibp)
偉大な南極の探検家たちが、氷で覆われた大陸を横断してから1世紀が過ぎても、彼らが目指した地点の多くにはほとんど行くことができない。

しかし机の上からであれば、ロバート・スコット(イギリス海軍の軍人。1912年に南極点到達に成功したが帰途遭難し、死亡)が建てた小屋等を訪れること ができるだけでなく、南極点到達の儀式として仮想の旗を立てることさえできる。

三脚に取り付けた「ストリートビュー」用のカメラを使って、現地で360度のパノラマ画像が撮影され、17日にグーグルの「World Wonders Project」のひとつとして発表されたのだ。撮影したのは、ミネソタ大学のポーラー・ジオスペーシャル・センターとニュージーランド南極遺産基金の研 究者たちだ。

5.「2カ月で140万円を受注」の個人エンジニアも、クラウドワークスが動向調査 を公表(7.18 nikkeibp)
 クラウドワークスは2012年7月18日、同社が提供するソフトウエアのオンライン受発注サービス「クラウドワークス」の募集案件の総額が3億円を突破 したと発表した。クラウドワークスがクローズドβ版を開始したのが2012年3月21日。5月中旬には、募集案件総額が1億円を突破したことを発表してい た。

 同社は、今回の募集総額の発表と同時に、クラウドワークスの動向調査結果も公表した。調査対象は、7月12日時点でのクラウドワークスの会員3618人 と、募集案件863件である。

 今回の調査によると、

東京以外での受発注(すべての案件から、東京内で完結しているものを除いたもの)が71%
会員の88%が個人、65%が35歳未満
84%のメンバーが3年以上の経験者、38%が5年以上
保有スキルの上位は、PHP、Javascript、Java、MySQL、Adobe Photoshopの順
発注者(クライアント)の投稿案件の76%がシステム開発・Web制作(それ以外では、ライティングや翻訳など)
発注済みのクライアントの44%が再度発注
などが分かったという。

 また、案件の時給や単価については、「97%が時給1000円以上、約40%が3000円以上」であり、「高単価が維持できている」(同社の吉田浩一郎 社長)とする。個別の例では、5月中旬に登録し、2カ月足らずで8件、約140万を受注したエンジニアもいるという。「常駐でも1カ月あたり50万円とい う契約があるのに比べると、非対面で70万円というのは驚異的な実績だ」(吉田社長)。


 ホームページへ