週間情報通信ニュースインデックスno.844 2012/02/04


1.ドコモが自分専用の基地局サービス「マイエリア」を終了(2.3  nikkeibp)
 NTTドコモは2012年2月3日、自宅内に小型の携帯基地局であるフェムトセルを設置して携帯エリア化するサービス「マイエリア」を、2012年9月 30日で終了すると発表した。これに伴い、新規の利用申込書の送付依頼は2012年4月16日、申込書の受け付けは2012年4月30日で打ち切る。電波 環境改善目的のフェムトセル利用については継続する。

 サービス終了の理由についてNTTドコモは、「自宅内ではスマートフォンとブロードバンド回線に接続した無線LANルーターを使ってインターネットに接 続するケースも増えるなど、事業環境が変化したこと」を終了の理由に挙げている。

2.MOTEX、社員の行動を把握できるAndroid管理ソフト 「LanScope An」を発表(2.3 nikkeibp)
 エムオーテックス(MOTEX)は2012年2月3日、Androidスマートフォン管理ソフトの新製品「LanScope An」を発表した。アプリケーションの稼働ログやGPSデータを用いて、個々の社員の生産活動を把握できる(写真1、写真2)。管理サーバー機能は、クラ ウド経由で提供。2012年5月に出荷する。価格は未定だが、管理対象1台当たり500円以下を予定している。

 LanScope Anは、Androidスマートフォン向けのクライアント管理ソフト。専用のエージェントソフトをインストールしたAndroidを、サーバーから集中管 理する。MDM(モバイルデバイス管理)の基本機能である資産管理や情報漏えい対策のほかに、アプリケーションの操作ログを記録/収集/分析する機能を提 供する。

3.Amazonタブレット、発売3カ月で他Androidを圧倒 (WIRED.jp)(2.3 nikkeibp)
米Flurry Analytics社のデータによると、『Kindle Fire』は発売からたったの3カ月で、ほかのAndroidタブレットを圧倒した模様だ。
2011年11月から2012年1月にかけてAndroidアプリケーションのセッションを計測した調査で、Kindle Fireのシェアは3%から36%にまで増加した。一方、2年以上前に登場した韓国Samsung社の『Galaxy Tab』シリーズは、63%から36%にシェアが減少した。また、米Motorola社の『Xoom』、台湾ASUS社の『Transformer』、お よび台湾Acer社の『ICONIA TAB』は、あわせて[30%から]18%にまでシェアを減らした。 Kindle Fireは、Androidタブレット・セッションの1/3に迫るまでシェアを増やしたことになる。さらに、米Amazon社によると、12月だけで 400万台以上が売れたという。

4.「タブレット電話」Galaxy Noteは成功するか (WIRED.jp)(2.2 nikkeibp)
米国ではAT&T社の店舗にて、2月19日から300ドルで発売開始。Photo: Jim Merithew/Wired.com
韓国Samsung社から発売される『Galaxy Note』は、巨大な5.3インチのSuper AMOLED(スーパー有機LED)ディスプレーのおかげで、われわれがこれまで見てきたうちで最大の「スマートフォン」となる。

実際、米Dell社が2010年6月に発売した5インチのタッチスクリーンを持つ『Streak』(日本語版記事)は、[電話機能もあったが]タブレット として発売された。しかしGalaxy Noteはそれよりも大きい。 これほど大きなスマートフォンを手にすると、このサイズを必要とする人がいるのだろうかと考えざるをえない。 (『Galaxy S II』のような)4.5インチのスクリーンでさえ、ほとんどの人がスマートフォンに求めるものとしては十分な大きさだ(たぶん、大きすぎるくらいだろ う)。登場間近となった台湾HTC社の『Titan II』(日本語版記事)の4.7インチのディスプレーは、ほとんど滑稽とも思えるくらいに大きい。

5.NECビッグローブが月1770円の3G通信プラン、ドコモのMVNOとして提 供(2.1 nikkeibp)
 NECビッグローブは2012年2月1日、3Gデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」の提供を同日から開始すると発表した。ポイントは、夜間の利用を制限する代わりに料金を月額1770円に抑え、かつ最大14Mビット/秒で通信可能 なプランを用意したことだ。

 BIGLOBE 3Gは、NECビッグローブがNTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)となって提供するサービス。同社のインターネット接続サービス 「BIGLOBE」の会員が対象で、音声通話はできずデータ通信専用となる。料金プランは、月額1770円の「BIGLOBE 3Gデイタイムプラン」と月額2770円の「BIGLOBE 3Gスタンダードプラン」の2種類ある。違いは利用時間帯で、デイタイムプランは午後8時から翌午前2時まで接続できなくなる。スタンダードプランは24 時間利用可能だ。
 


 ホームページへ