週間情報通信ニュースインデックスno.821 2011/08/20

1.NEC、ホテルやネット旅行代理店向けにクラウドを使った予約データの 変換サービスを提供開始(8.19 nikkeibp)
 NECは2011年8月18日、ホテルなどの宿泊施設およびインターネット旅行代理店向けに、宿泊予約の登録作業を効率化するためのクラウドサービス 「インターネット予約データ変換クラウドサービス」の提供を開始した。既にホテル小田急サザンタワーが同サービスの導入を決定しており、8月22日から運 用を開始する予定だという。

 同サービスは、宿泊施設側と旅行代理店側がそれぞれ独自のフォーマットで管理している宿泊予約データをクラウドを使って相互に変換する仕組みを提供する というもの。宿泊施設側が予約システム上で「エージェントブロック」(代理店ごとに設定する料金や在庫などに関する情報)を作成すると、クラウドを通じて 旅行代理店側で扱えるデータに自動変換され、予約サイトに反映される。

 反対に、予約サイトで発生した予約情報も、クラウドを通じて宿泊施設側のシステムが扱えるフォーマットのデータに自動変換され、予約システムに自動で取 り込めるようになる。このような仕組みにより、従来必要だった予約情報を手入力するといった作業が必要なくなり、業務の効率化を図れるという。

 国内外の有力なインターネット旅行代理店や海外のCRS(Central Reservation System、宿泊可能客室の在庫確認などができる旅行業界向け予約システム)、スイッチング会社(複数の海外インターネット旅行代理店と接続するサービ スを提供)との接続用インタフェースを装備している。

2.NEC、株価情報を数ミリ秒で送信できる高速配信基盤をQUICK向けに構築 (8.19 nikkeibp)
 NECは、金融情報ベンダーのQUICK向けに、株価情報を高速に配信できるシステムを構築した。証券取引所システムから受信する数万件という大容量 データを高速処理し、QUICKが持つ数十の解析サーバーに対して必要なデータを数ミリ秒で一斉配信できる。システムはLinux OS上で構築した。2009年夏に基本設計を開始、2011年6月に稼働を始めたという。

3.AppleがHPから首位奪う、2011年Q2のモバイルPC世界市場(8. 19 nikkeibp)
 米DisplaySearchは米国時間2011年8月18日、ノートパソコンとタブレット端末を合わせたモバイルパソコンの世界市場に関する調査結果 (速報値)を発表した。それによると2011年第2四半期は、米Appleが首位の座を米Hewlett-Packard(HP)から奪った。

表●2011年第2四半期の世界モバイルPC市場のトップ5
順位 メーカー 出荷台数(百万台) 市場シェア
1 Apple 13.6 21.1%
2 HP 9.7 15.0%
3 Dell 7.5 11.6%
4 Acer Group 7 10.9%
5 Lenovo 4.8 7.5%

4.オンライン小売り訪問者数はAmazonが世界首位、楽天が5位---米 comScore調査(8.18 nikkeibp)
 米comScoreが現地時間2011年8月17日に公表した調査結果によると、この6月における世界の小売り/オークションサイトのユニーク訪問者数 は、米Amazon.comの各国サイトを合わせた数が2億8220万人となり、トップになった。世界インターネット人口の5人に1人(20.4%)が Amazonのサイトを訪れた。

 Amazonに次いで訪問者数が多かったのは米eBayのサイトで2億2350人。ネット人口全体に占める割合は16.2%だった。この後、中国 Alibaba.com(同11.3%)、米Apple(同9.7%)、楽天(同4.2%)と続いた。楽天は小売り大手の米Wal-Mart Stores(同3.2%)や米Hewlett-Packard(同2.8%)を抑えて上位5位に入った。

5.iOS向け「Skype WiFi」アプリ公開、分単位でSkype Credit決済が可能(8.18 nikkeibp)
 ルクセンブルクのSkype Technologiesは現地時間2011年8月17日、公衆無線LANサービス「Skype WiFi」(旧名称は「Skype Access」)を米AppleのモバイルOS「iOS」に対応させた。Appleの「iPhone」や「iPad」などから従量制でSkype WiFiを利用できる。

 iOS向けアプリケーションはAppleのモバイルアプリケーション配信/販売サービス「App Store」で無償ダウンロードできる。

 同アプリケーションでは、ホテル、空港、駅、コンベンションセンター、レストランなど世界100万カ所以上で公衆無線LANの接続が可能。使った分だけ 支払う従量制で、分単位で「Skype Credit」による決済が行える。電子メールをチェックするだけ、あるいは通話で簡単な用事を伝えるだけといった短時間利用のときは、1日または1時間 パスを購入せずに、従量制課金でインターネットにアクセスできる。





 ホームページへ