週間情報通信ニュースインデックスno.810 2011/06/04

1.KDDI、World IPv6 Dayに問題が起こり得る端末やサービスの一覧を公開(6.3 nikkeibp)
 KDDIは2011年6月3日、World IPv6 Dayの開催期間中、接続に何らかの問題が起こり得る同社サービスの一覧を公開した。auのスマートフォンの一部、個人向けインターネット接続サービスの 「au one net」や法人向けサービスの一部で、特定サイトの閲覧ができない、表示が遅くなるといった影響があるという。

 主にユーザーが「NTT東日本/西日本(NTT東西)の光アクセス網(以下、フレッツ網)につながるインターネット接続サービスを契約している」 「NTT東西のIPv6閉域網からRAなどでIPv6アドレスを受け取っている」「IPv6インターネットへの接続性は持たない」など、いくつかの条件を 満たす場合に問題が起こる(そのほか、詳細な条件に関してはこちらの関連記事を参照)。実はこの問題は、すでにIPv6対応しているWebサイトにアクセ スした際には、現在でも起こり得る。World IPv6 Dayの開催によって、著名なWebサイトが大規模にIPv6対応することにより、この問題がいっそう顕在化するために注意喚起した形となる。

 KDDIが列挙した、影響を受ける可能性がある端末やサービスは以下の(1)〜(3)の通り。
 (1)OSにAndroidを採用した、auのスマートフォンの一部。 これらのスマートフォンで無線LANを使ってフレッツ網経由で接続すると、 httpsを利用した一部のWebサイトの閲覧ができない、正常にサービスが利用ができないといった影響があるという。特定のAndroidのバージョン と、端末メーカーが独自に作り込んだソフトウエアの組み合わせによって、httpsのWebサイトにアクセスした際にIPv6-IPv4フォールバックが 正常に働かないケースがある模様だ。
 (2)個人向けインターネット接続サービス「au one net」で、アクセス回線としてNTT東西のフレッツ網(「フレッツ 光ネクスト」「Bフレッツ」など)を利用しているユーザー。Windows 7/Vista、Mac OS XなどIPv6での接続機能を持つOSを使っている場合、特定のWebサイトの閲覧や、メールの送受信ができないといった影響がある。
 (3)一部の法人サービス。具体的には、「KDDI インターネット」「KDDI 光ダイレクト インターネットオプション」「ADSL one 50(事業所用)」「KDDI Wide Area Virtual Switch Virtualデータセンター セキュア・インターネット」「KDDI IP-VPN インターネット接続GW型」の五つのサービス。特定のWebサイトを閲覧できない、表示が遅い、メールが送れないといった問題が起こる可能性がある。

2.教育にはキーボード付きPCが不可欠」、日本マイクロソフトがアピール(6.3  nikkeibp)
 日本マイクロソフトは2011年6月3日、小学校、中学校、高等学校におけるICTの活用について、同社の支援活動を紹介する説明会を記者向けに開催し た。

 同社が重要なポイントとして触れたのが、児童・生徒向けのPC。最近はスマートフォンやタブレット型端末の注目が集まっている。だが同社で公共分野の責 任者をつとめる織田浩義執行役パブリックセクター担当は、「児童・生徒がITリテラシを身に付ける際に入り口となる機器は、やはり物理的なキーボード付き のPCだ」と話す。

 その理由は、「人がコンピュータを使って何かの成果物を作成する際には、フルスペックのPCがやはり適切」(同社パブリックセクター文教営業本部の小野 裕一氏)なため。現状、ビジネスパーソンが書類を作成するにしても、技術者がソフト開発をするにしても、生産性を重視した活動には物理キーボードが付いた PCを使うことがほとんど。「高校を卒業してから初めてキーボードに触ったのでは、大学での勉強や産業界に出たときのことを考えると、やはり遅い」(織田 執行役)。

3.NTTドコモが公式Facebookページ、新型スマホのユーザーレビューを共 有(6.3 nikkeibp)
 NTTドコモは2011年6月3日、世界最大のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」において公式Facebookページを開設し た。製品紹介に加え、ユーザー同士で製品レビューなどを共有できる仕組みを用意する。

 Facebookページは、企業やブランド、有名人などがファンに向けてさまざまな情報を直接発信するFacebook上のページ。一方通行の情報発信 にとどまることの多い通常のWebサイトと異なり、企業とユーザーが直接対話する、ユーザー同士のコミュニケーションの場になるといった特徴がある。

 NTTドコモのFacebookページでは、最新スマートフォンの製品情報や製品画像、CM動画を公開している。ユーザーがスマートフォンのレビューを 投稿し共有するための特設コーナーも設けた。さらにFacebook内でやり取りできるメッセージカードのアプリケーションも用意してある。

4.グーグルがHTML5で作ったWeb絵本を公開(6.3 nikkeibp)
 グーグルは2011年6月3日、WebブラウザーやHTML5、JavaScriptなどのWeb関連技術について解説したデジタルWeb絵本「ブラウ ザやウェブについて知っておきたい20のこと」の提供を開始した。HTML5で作成されており、Google ChromeなどのHTML5に対応したWebブラウザーで閲覧できる。

 同Web絵本では、HTMLやJavaScript、CSS(Cascading Style Sheets)といったWebページを構成する基本要素/技術や、IPアドレスとDNS(Domain Name System)などインターネットの基盤技術、クラウドコンピューティングやWebブラウザーのセキュリティ対策などWeb関連の技術について初心者向け に幅広く解説している。HTML5の機能を活用し、実際にページをめくって本を読む感覚や絵本のカバーの質感などを体感できる。

5.ケイ・オプティコム、Androidタブレットを使うホームICTの試験サービ スを6月末開始(6.2 nikkeibp)
 ケイ・オプティコムは2011年6月2日、Androidタブレット端末とFTTHを利用したホームICT/家庭向け情報配信事業「eoスマートリン ク」の試験サービスを、6月30日から提供すると発表した。(1)さまざまな電化製品をモニタリングしたり制御したりするホームICTサービス、(2)生 活情報や電子チラシなどを提供する情報サービス―の2種類のメニューを用意する。

 (1)では、各種センサーからのデータを収集・蓄積するためのホームゲートウエイを家庭に設置する。このホームゲートウエイを介して、電化製品の電気使 用量をタブレット端末の画面に表示したり、ネット対応の健康器具と連携して健康管理を行えるようにする。さらに、マルチメディアデータを共有するための仕 様「DLNA」を用いてタブレット端末と家庭内のAV機器を連携させたり、ホームセキュリティサービスを提供したりする。

 (2)では、ケイ・オプティコムが独自にAndroidアプリのマーケットを用意し、利用者が好みのアプリをタブレット端末にダウンロードできるように する。電子書籍のレンタル、電子チラシの提供、ECサービス、食材宅配サービスなども用意する。

 試験サービスは、大阪府の一部地域(豊中市・池田市・吹田市・茨木市・箕面市)で提供する。FTTHサービス「eo光ネット」のユーザーを対象に、6月 3日から19日まで500世帯の一般モニターを募集する。続いて6月30日から11月30日まで試験サービスを提供する予定である。2012年3月期中の 早期商用化を目指す。




 ホームページへ