週間情報通信ニュースインデックスno.
760
2010/06/05

1.「見える化」は洞察力・構想力の泉(6.4 nikkeibp)
  しっかり「見える化」という分析作業を行うと、今の設計や今の経営の問題点が浮き彫りになってくる。そしてその問題点を解消する方向性が得られたり、 より進化した設計や経営につながるアイデアがわいてきたりする。つまり、優れた「見える化」は、洞察力や構想力を発揮するための「生命の泉」のようなもの だ。

 1996年からの3年間は2000年のアメリカズカップに出場する艇の設計に没頭していた。1995年に圧勝したニュージーランド艇「ブラックマジッ ク」の技術を超えることができなければ、世界一の艇を設計することはできないからだ。

 1995年にニュージーランド艇を徹底解析した後は、斬新なコンセプトの革新的な艇の形の設計に挑戦していた。私はテクニカルディレクターとチーフデザ イナーを兼ねていたので、セールやキールや舵などの開発のマネジメントをしていたし、直接設計を指導していたのだが、船体そのものに対しては、一人のデザ イナーとして特に力を注いだ。船体の設計でのブレークスルーが、最も競争力を与えてくれると直感していたからだ。

 同時に私はコンピューターシミュレーション結果の新しい「見える化」を考え続けていた。ブレークスルーのきっかけを作ってくれた「見える化」は、水面に 浸っている船体が水面と接している輪郭線(waterline)を描くことだった。船はもちろん左右対称だが、風上帆走するヨットは大きく傾いた状態にな る。この傾いた状態での船体の水面と接する左右非対称な形状を「見える化」したのだ。

 左右非対称なので、左右方向の力が発生する。飛行機の翼の場合は、上下非対称なので、上下方向の力が発生して、機体を空中に支えることができる。この力 を揚力というのだが、同時に後ろへ引っ張る力、つまり抗力も発生する。だから翼の設計は小さい抗力で大きい揚力を発生するような形状にすることが基本であ る。


「ヨットの船体の形を飛行機の翼のように設計する」

 ヨットの場合も、揚力は大切だ。これがなければ、横に流れてしまい、風上に向かって帆走できない。しかし、その時に大きな抗力が発生してしまっては早く 走れない。
 つまりヨットの船体の設計は飛行機の翼の設計に近いのだ。このことに気がついたのは、傾いた船の形を「見える化」することを設計のルーティンに加えた時 だった。「ヨットの船体の形を飛行機の翼のように設計する」というのは、当時のヨット設計ではパラダイムシフトと言ってもいいくらいだ。

 飛行機の翼の前半分はかなり丸っこいのだが、後ろは薄い。同じようにヨットの艇体も後ろはもっと細くてよい。そうして生まれたのが「阿修羅」「韋駄天」 の細く絞った船尾の形状だ。これが日本艇の速さの秘密だった。最初はイタリアチームのチーフデザイナーに「日本は間違っている。変な設計だ」と言われたり したが、次の大会ではスクエアスターンという名前までついて、世界標準の技術になった。

ネットビジネス各社の競争力も見える化できた

 昨年は4年生のH君とネットビジネスの競争力を表す図を書くことにした。小売業のビジネスの競争力を、価格と品揃えと利便性の3つで評価することにし て、様々なネットビジネスの競争力を表す見える化を行ってみた。3つの指標があるから、3次元的になるべきなのだが、見やすい「見える化」を行うため、 「価格×品揃え」と「利便性×品揃え」の2つの指標による2次元の散布図で、色々なインターネットビジネスを評価してみた。力づくの数値化による見える化 だ。

 しかし、この結果はかなり面白かった。成長するインターネットビジネスと、始めてみたものの伸び悩むインターネットビジネスなどが、結構うまく評価され ているのだ。アマゾンや楽天やケンコーコムはいい評価が与えられたが、既存のリアル店舗ビジネスの形態を保ちながら、同じ商品構成でネットビジネスに入ろ うとするケースの評価は低くなった。これは実際のビジネスの現状評価として正しかった。

2.日本電子書籍出版社協会がiPhone向け電子書籍アプリ、電子文庫パブリと連 動(6.4 nikkeibp)
 日本電子書籍出版社協会(電書協)は2010年6月4日、協会直営の電子書店「電子文庫パブリ」で販売する電子書籍を閲覧できるiPhone/iPod touch向け電子書籍購読アプリの無料提供を、App Storeで同日に開始したと発表した。

 このアプリは、電書協加盟出版社が提供する作品を、XMDF形式とドットブック形式の二つのフォーマットで利用できる。iPhone向けに表示を最適化 した「電子文庫パブリ」サイトでは、iPhone本体から直接電子書籍の購入/決済ができる。

3.NECアクセステクニカ、据え置き型のWiMAX対応無線LANルーターを発売(6. 3 nikkeibp)
 NECおよびNECアクセステクニカは2010年6月3日、据え置き型のWiMAX対応無線LANルーター「AtermWM3400RN」を発表した。 WiMAXモジュールとIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を内蔵する。発売日は7月下旬、実売想定価格は約2万円の見込みだ。

 AtermWM3400RNは、固定回線としてWiMAXを利用するユーザー向けの製品。このため、既存のモバイル型WiMAX対応無線LANルーター 「AtermWM3300R」とは異なり、バッテリーは内蔵していない。

 家庭やオフィスなどでは、AtermWM3400RNとパソコンやゲーム機を無線LANで接続することで、複数の機器でWiMAXの回線を共用できる。 また、室内で受信できるWiMAXの電波が弱い場合にAtermWM3400RNを窓際など受信環境の良い場所に置き、そこから室内の機器と無線LANで 接続することで、室内でもWiMAXを使えるようにできる。

 無線LANルーターの機能としては、設定を簡易化する「らくらく無線スタート」「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」を搭載。パソコンとゲーム機などセキュリティ設定が異なる機器を使い分けるマルチSSIDに対応する。

4.NGNのひかり電話にデータ通信機能を追加、NTT東西が「データコネクト」開 始(5.31 nikkeibp)
NTT東西地域会社は5月31日、03など市外局番から始まる電話番号を使えるIP電話サービス「ひかり電話」を使ってデータ通信を実現す る「データコネクト」を6月1日から提供開始すると発表した。利用可能なのはNGN(次世代ネットワーク)対応のフレッツ光 ネクスト回線に限られる。

 データコネクトは、電話番号を指定して端末間のセッションを成立させるNGNの機能を活用した通信サービス。ひかり電話では、これまで音声と映像の通信 が可能だったが、データを直接やりとりすることはできなかった。今回、データ通信機能をひかり電話の基本機能として提供し、6月1日以降にひかり電話に新 規加入したユーザーは申し込みなしで利用できる。すでにフレッツ 光ネクスト回線でひかり電話を利用中のユーザーは別途申し込みが必要となる。

 データコネクトの通信料金は従量課金制。保証する通信速度別の料金体系となっており、64kビット/秒で1.05円/30秒、512kビット/秒で 1.575円/30秒、1Mビット/秒で2.1円/30秒である。課金単位を30秒と短くしたことで、短時間の通信で済む用途の場合はアナログ通信より通 信費を抑えられるとしている。ファックスのほか、決済端末やビル管理通信機のセンター接続などの用途を想定している。

5.Skype for iPhoneの新版リリース、3G通話に対応(5.31  nikkeibp)
 ルクセンブルグのSkype Technologiesは現地時間2010年5月30日、米Appleの携帯電話「iPhone」向けのVoIPソフトウエア「Skype for iPhone」の新版をリリースした。3G(第3世代)ネットワークを介した通話に対応する。iPhone向けアプリケーション販売/配布サービス 「App Store」を通じて無償で入手可能。

 同社は、3G経由のSkype間通信を無料で利用できるトライアルを2010年末まで実施する。無料期間終了後の価格については数カ月以内に公表する。 Wi-Fi接続経由のSkype間通信は従来通り無償。




 ホームページへ