週間情報通信ニュースインデックスno.
754 
2010/04/17

1.「地方空港は絶対に必要」―JAL撤退路線を引き継ぐフジドリームエア の勝算(3.15 nikkeibp)
 激動期を迎え、一躍注目を集めているのが、09年6月に創業したばかりの新興エアラインだ。 富士山静岡空港の開港に合わせて新規参入したフジドリームエアラインズ(FDA)。静岡空港から石川県小松、熊本、鹿児島の3路線を運航する。知名度が全 国区になったのは、JALの経営破綻とその後の路線撤退騒動。JALが運航していた静岡空港の札幌・新千歳線、福岡線に加え、JALが完全撤退を決めた信 州まつもと空港の2路線も肩代わりすると表明した。

 親会社は、江戸時代に廻船問屋として創業し、港湾物流などを手がける地元企業の鈴与。両社の社長を8代目鈴木与平氏が兼任する。苦戦が報じられる静岡空 港に参入、1年も経たないうちにJALの撤退路線までをも引き継いだ真意と狙い、勝算を聞いた。

――航空事業への参入を決めた理由は何か。静岡空港については、その存在意義についても賛否があるが。
 静岡県にとって静岡空港は必要。これからの日本の大きなテーマは地域の自立だと思う。変な見方かもしれないが、静岡空港がなくなれば、東京や名古屋の空 港に世話にならないと海外にも行けないし、北海道や九州にも行けない。ある意味では、地方が大都市へ従属することになってしまう。本当に地方が大都市に頼 らないで自立しようと思ったら、地方と地方が手をつないで文化のレベルを上げていくしかない。静岡空港はその架け橋となる。その架け橋でFDAを役立てた い。

――ビジネスモデルを聞かせてほしい。
鈴木社長: 売りは使っている機材だ。ブラジル・エンブラエル社のE170やE175で、76〜84人乗り。大手エアラインが150人乗り前後のボーイン グやエアバスを使っている路線で搭乗率が50%だったとしても、この機材であれば満席で飛べることになる。燃費もいい。

 静岡空港ができるという話は15年くらい前からあったが、そもそも航空事業に乗り出すつもりはなかった。ただ、個人的に飛行機が昔から好きだったため、 もし静岡で航空事業をやるとしたら、どんな飛行機が合うのか空想していた。そんなとき、海外の航空ショーで、E170に出合った。実際に乗ってみて、これ はいいなと。例えば、ボーディングブリッジが使える。このクラスのジェット機でボーディングブリッジが使える機材はそれまでなかった。貨物室も広くて機内 の天井も高く、プロペラ機と違って高いところを飛ぶから、ボーイングやエアバスと同じような感覚で乗れる。

――現状は就航路線の搭乗率が30〜50%台で推移しており、65〜70%という目標には及んでいない。どう改善していくか。
鈴木社長: これからの大きな課題だ。だが、静岡空港が09年6月に開港して、まだ1年もたっていない。良さはだんだんとわかってもらえると思う。本来、 利便性を感じられる県民が、まだ半数も使っていない。交通インフラなのだから、隆盛にいたるには3年や5年はかかる。東名高速だってできたときにはガラガ ラだったし、東海道新幹線だって開通したときはガラガラだった。慌てることはない。

 FDAにいたっては、就航先のユーザーに、まだ10%も認知されていない気がする。知名度が上がれば搭乗率も上がると思う。今はまだフェーズ1だ。搭乗 率を気にするよりも、まずは安全運航、定時保持など、オペレーションや整備に力を入れていく。

2.iPhone OSがモバイルアプリ開発者に最も人気(4.16 nikkeibp)
 
米Datamonitorは米国時間2010年4月14日、モバイルアプリケーション開発に関する調査結果を発表した。それによると、主 要な五つのモバイルプラットフォーム(iPhone OS、BlackBerry、Windows Mobile、Android、Symbian)はいすれも開発者の間で好評だが、特にiPhone OSの人気が高かった。

 217人の開発者を対象にアンケート調査を実施したところ、81%がiPhone OS向けアプリケーションを開発中または開発予定だと回答した。iPhone向けアプリケーション配布サービス「App Store」では現在18万5000種類以上のアプリケーションが登録され、ダウンロード件数が30億件を超えていることを考えれば、当然の結果といえ る。

 BlackBerry向けアプリケーションを開発中または開発予定という回答者は74%、Windows Mobile(次期OSのWindows Phoneも含む)は66%だった。Androidが64%、Symbianが56%と続いた。

 Windows Mobileの支持が予想より高かったことについてDatamonitorは、「プラットフォーム自体が必ずしもユーザーフレンドリーでないとしても、 ツールベンダー大手としての米Microsoftの存在が影響している。開発者はプラットフォームを選ぶ際に、ツールの品質も重視するからだ」と分析して いる。

 なお、LiMoやWebOSといったモバイルプラットフォームをサポートするという開発者は30%にとどまった。

3.「相鉄アプリ」を提供開始、横浜ケーブルビジョンの番組も提供へ(4.14  nikkeibp)
 相鉄ホールディングスは、iPhoneおよびiPod touch向けに相鉄グループのさまざまなサービスを受けられる「相鉄アプリ」の配信を2010年4月15日に開始する。
 このアプリはピー・アール・オー(本社:横浜市中区、社長:大高潤氏)と共同開発したもので、相鉄ホールディングスが発行するPR誌「相鉄瓦版」を電子 書籍として全ページ閲覧できるほか、相鉄電車の運転席から撮影した展望動画、レアものの鉄道写真などを閲覧可能とする。

 今後は、各駅からのウオーキングコースを紹介する「駅からさんぽ」や、沿線地域密着番組として相鉄グループのケーブルテレビ会社である横浜ケーブルビ ジョンの人気番組など、相鉄グループのさまざまなサービスを提供していく。

4.岐阜県がセカイカメラのエアタグを全市町村に配備、観光情報など全3711件 (4.14 nikkeibp)
 岐阜県は2010年4月13日、県内の全市町村にセカイカメラのエアタグを配備したと発表した。登録した県公式エアタグは、観光情報など全3711件。 「全市町村という広域的な単位でのエアタグ整備は、世界的に見ても初めて」(岐阜県)という。

 セカイカメラは、カメラで撮影した映像にエアタグと呼ぶ情報を重ねて見ることができるアプリケーション。現在iPhone向けに提供されており、 2010年6月にはAndroid向けにもリリースされる予定。岐阜県は、iPhoneによる産業振興を図る「GIFU・iPhoneプロジェクト」の一 環としてエアタグの整備を進めてきた。

 また岐阜県では、セカイカメラを使ったイベントとして高山市での「iPhone クイズでおさんぽ」、関ケ原町での「関ヶ原歴史散策」、岐阜市での[ あじな岐阜遊歩祭2010 謎解きクイズラリー」などを実施してきた。今後も下呂温泉での「温泉街まちあるき」や「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」、「APEC中小企業大臣会合」など でエアタグを活用したイベントを行う方針。

5.「LANスイッチをPerl/Pythonで柔軟に制御」---フォーステンが データセンター向け新施策(4.13 nikkeibp)
 フォーステン・ネットワークスは2010年4月13日、同社のデータセンター向けLANスイッチによるネットワーク仮想化構想を明らかにした(写真 1)。高速パケット転送とVLANの構成管理をPerlやPythonといったスクリプト言語で制御するライブラリを提供。VMwareや OpenSolarisが備える仮想ネットワーク機構の運用管理と連携しやすくすることで、データセンター内ネットワークの柔軟な構成変更を実現する計画 だ。

 物理的な機器配置や構成変更が不要なネットワーク機器の仮想化は、運用の自動化を目指すデータセンター事業者にとって鍵となる技術の一つ。米Cisco Systemsの「Unified Computing System」(UCS)のようなインテリジェントなLANスイッチを核とするサーバーを含めた一体提供や、アラクサラネットワークスの「Open Autonomic Networking」のような運用管理システムの管理化で各種機器設定を集中制御する運用管理技術といった取り組みがある。

 高密度LANスイッチ製品に強みを持つフォーステンは、LANスイッチのインテリジェント化はインタフェースの充実に注力。サーバー仮想化ソフトやOS が持つ仮想ネットワーク機能との連携を指向する。米Force10 Networksのマーケティング担当バイス・プレジデントのStephen M. Garrison氏は「ネットワークの仮想化は、CiscoのUCSのようなネットワーク・セントリックな考え方ではなく、サーバー・セントリックなシス テムの方が従来型の組織による運用を継続できる点で優位」とそのメリットを説明する。

 フォーステンは2010年後半に、Perl/Pythonで同社製LANスイッチのVAL設定などを制御できる仕組みを提供する予定(写真2)。 VMwareの仮想ネットワークやOpenSolarisの仮想ネットワーク機構「Project Crossbow」との連携機能を実装するほか、順次「Hyper-VやXenといった他のハイパーバイザにも対応していく」(Garrison氏)とい う。




 ホームページへ