週間情報通信ニュースインデックスno.
736 
2009/12/12

1.科学技術予算の事業仕分けを考える(12.11 nikkeibp)
3兆6000億円は本当に日本のために使われているのか?
宮田 秀明

 私のオフィスは工学部3号館にある。安田講堂の左後ろに位置するので、本郷キャンパスの真ん中に近い。場所はいいのだが、昭和15年に建てられたものな ので老朽化が進んでいる。窓のサッシは鉄製で錆びだらけになっていて、開けることができない窓が半分以上ある。そんな工学部3号館の目の前、つまり安田講 堂の真後ろにあるのが理学部1号館だ。10年ほど前に新築された14階建ての立派な建物だ。

 11月25日夕方、この理学部1号館で行われたのが、ノーベル賞受賞者の方々による緊急声明の記者会見だった。「事業仕分け」の削減・凍結対象になった 事業のなかに科学技術予算に関係するものがたくさん入っていたので、「科学技術予算を減らすことは国家の将来を考えるうえで大変問題である」という意見を 述べられたのだ。


科学技術予算3兆6000億円の使い道は有効なのか?

 しかし、全部で3兆6000億円にもなるという科学技術予算は本当に有効に使われているのだろうか。この予算を使った研究開発によって、日本の科学技術 は本当に進歩しているのだろうか。削減すべきものもあるのではないだろうか。

 研究開発の費用対効果を測ることは大変難しい。1000万円の予算で行った研究が100倍の10億円の予算を使った研究の成果を上回ることもある。 100億円かけた研究開発プロジェクトが完全な失敗に終わることもある。

 しかし、ある組織の研究開発活動をまとめた段階で、費用対効果は正しく測られるものだ。民間企業なら研究開発費は売り上げの2〜8%が普通である。この 費用が新商品の開発に貢献して競争力を保ったり拡大できなければ、民間企業は生きていけない。

 日本全体で考えれば、日本の研究開発が何とか国際競争力を保ち続けているのは、民間企業中心でビジネスとして営まれている研究開発活動によるものと考え られる。
 民間企業における研究開発に比べれば、国立研究所や大学の研究開発の費用対効果はかなり低いだろう。数年前、あるエレクトロニクスメーカーの方が私のオ フィスに来て言った。「大学の研究には全く期待していません。人材だけですね、期待するのは」

 分野によっては、そうでない場合もあるし、確かに人材育成は行っている。大学よりひどいのは国立研究所の研究の生産性かもしれない。
 ある研究所は、150人もの博士号を持つ研究者がいながら、国際的に通用する(=インパクトファクターがつく)論文が年に2、3本しか出てこない。論文 を書くことが最大の目的で、自分にとっても社会にとっても最大の価値と考えている研究者が大多数なのに、だ。

 研究開発には研究・開発・実証・普及の4段階があって、後段階になるほど難しくなるのだが、研究所の研究者は、一生ずっと、このうちの第1段階しか行わ ない場合が多い。だから、大学や研究所と学会がすべての活動の舞台になっている。責任感も希薄で、リスクも大きくないから、極端に言えば、世の中から隔離 された別世界の人種になってしまう。民間企業の研究開発の現場では考えられないことだ。

 もちろん、素晴らしい研究者の方が大学や国立研究所にいないわけではないのだが、こんな悪い傾向は国の科学技術研究費の増加とともに増えていると思う。


コンピューターの“スピード競争”にどんな価値がある?

 科学技術関係の事業の中で、予算計上の見送りに限りなく近い縮減(事実上の凍結)になったのが「次世代スーパーコンピューティング技術の推進」事業であ る。これに対しては議論が多かったし、政府の総合科学技術会議の有職者議員は「着実に推進すべきだ」との見解をまとめたそうだ。

 この事業は簡単に言えば、コンピューターの演算速度を高めるプロジェクトである。コンピューターの“スピード競争”のようなものだ。コンピューターの演 算速度で世界一を記録し、国の科学技術力を誇りたい気持ちが分からないわけではないが、今の時代にコンピューターのスピード競争にいかほどの価値があるの か再考するべきだろう。

 このプロジェクトの前身は「地球シミュレーター」のプロジェクトだった。約500億円で建設した日本最速のコンピューター「地球シミュレーター」を使っ て、どんな研究成果が出たのだろうか。その成果は、初期投資額500億円とその後投じられた運営費に見合ったものだろうか。

 これを正しく評価することが、「次世代コンピューティング技術の推進」を行うべきかどうかの意思決定につながるべきだろう。コンピューターは目的ではな く手段だし、かつて同じ規模の予算を使ってほぼ完全に失敗した国家プロジェクト「第5世代コンピューター」事業のケースからも学ぶべきだろう。


 東大に初めてスーパーコンピューターが導入されたのは1983年10月だった。当時応用的なコンピューターサイエンスの研究をしていた私は、この導入を 待っていた。シミュレーションのソフトウェアは開発していたのだが、汎用コンピューターでは計算時間が100時間もかかってしまうから、研究の次のステッ プに行くためにスーパーコンピューターが不可欠になっていたのだ。

 東大に導入された日立製作所製の初めてのスーパーコンピューターを使って論文を書いた第1号は私ではないかと思っている。この年の11月に米国ワシント ンで開かれた国際会議で結果を発表したからだ。

 スーパーコンピューター全盛時代は、この時から15年間、つまり1998年頃までではないかと思う。1990年頃、ある自動車メーカーの車体設計の技術 指導をしていた私たちは、その企業が購入した米国製スーパーコンピューターの半分以上の能力を使って乗用車の形状設計を行っていた。1993年にアメリカ ズカップの仕事を始めた時、アメリカズカップとスーパーコンピューターは切っても切れない関係だった。アメリカズカップの技術開発にとってスーパーコン ピューターは必要不可欠のものだったからだ。

 しかし、1995年に2000年の大会に向けて技術開発を再起動した時に使ったのはスーパーコンピューターではなく、ワークステーションだった。この頃 のダウンサイジングの流れは速かった。


事業仕分けの次は、いよいよ「戦略的な事業企画」を

 そして今、研究開発の現場で一番活躍しているのは、パソコンとサーバーである。今10万円で買えるパソコンの性能は、すべての面で1983年に初めて東 大に納入されたスーパーコンピューターの性能をはるかに超えている。

 コンピューティングが先端技術だった時代は終わっているのだ。気候気象関係など一部の分野では、いまだにコンピューティングが鍵を握っている研究がある かもしれない。しかし、優先度は低くなっているだろう。数値モデルが進歩しなければ、演算速度だけ高めても意味がない。

 戦略的な事業で最大のものは環境分野になるだろう。3つの理由がある。国際競争が最も激しい分野であること、産業と雇用を創造する力が最も大きい分野で あること、地球の全体最適に貢献する分野であることである。

 国と民間企業が正しい関係を作って、国家的な環境事業戦略を具体化しなければならない。

2.iPhoneユーザー、20.4%は企業アプリの利用経験あり 経験者の58.3%は興味が増す(12.10 nikkeibp)
アドモブ(東京都港区)と日経BPコンサルティングが2009年10月に行った調査によると、一般企業が自社製品や企業自身の広告・宣伝のために無料で提 供するiPhone向けの「ブランドアプリ」を、iPhoneユーザーの50.6%が認知し、20.4%は利用経験があることが明らかになった。調査は 15歳以上のiPhoneユーザーを対象に実施したもの。回答者は1000人。

 調査では、利用経験者に対して、ブランドアプリ利用後の行動やイメージの変化を尋ねている。その結果、58.3%が「製品、商品、企業への興味が増し た」と回答した。iPhone向けにアプリを提供する企業はネスレ日本など、現時点ではそれほど多くはない。そのため、企業としての先進性を訴求し、関心 を高めることにつながっている可能性もありそうだ。

 調査ではこのほか、回答結果からiPhoneユーザーの平均的な姿を明らかにしている。男性の平均年齢は40.6歳で平均年収は620万円。女性の平均 年齢は36.1歳で平均年収は432万円。物を買うときのスタイルとして「男性、女性ともに自分の考え方や価値観を重視し、周りの人とは違う物を購入する 傾向がある」(日経BPコンサルティング)としている。

3.Googleマップに徒歩ルート案内機能が追加 横断歩道やエレベーター、駅構内ルートも表示(12.10 nikkeibp)
グーグルは2009年12月10日、インターネット上の地図サービス「Googleマップ」に徒歩ルート案内機能を追加した。経路上にある横断歩道や歩道 橋、駅構内の通路なども案内。パソコンのほか、「iPhone」、Android搭載携帯電話、NTTドコモの携帯電話(一部機種を除く)で利用できる。

 パソコンで徒歩ルート案内を利用するには、Googleマップのルート・乗り換え案内ページを表示。出発地と目的地を入力後、プルダウンメニューで「徒 歩で行く」を選択して、検索ボタンをクリックする。従来からあった「電車・飛行機を使う」で検索した場合は、徒歩の部分だけが徒歩ルート案内になる。

 徒歩ルートの検索結果では、「歩道橋の階段を上る」「横断歩道を渡る」「エスカレーターに乗る」など、道順を詳細に案内する。通る道を変更したいとき は、画面上で表示されているルートを通りたい道にドラッグすればよい。航空写真やGoogleストリートビューでの表示もできる。

 携帯端末で利用する場合、iPhoneは「マップ」、Android搭載携帯電話は「Googleマップ」のアプリを使う。NTTドコモの携帯電話は、 Googleマップのサイトで提供されている「モバイルGoogleマップ」のインストールが必要だ。

4.NECが英放送網に「DVB-T2」送信機を納入,BBCが放送開始(12. 10 nikkeibp)
 NECは2009年12月10日,英国の大手放送網運営事業者であるArqivaに最新のデジタル放送規格であるDVB-T2方式のデジ タル・テレビ放送用送信機を納入したと発表した。この送信機を活用し,Arqivaと英BBCは,2009年12月にDVB-T2方式による地上デジタル 放送を開始した。この方式を採用することにより,1チャンネル内で複数のHDTV番組の送信が可能になる。

Arqivaは英国内において放送・通信インフラ事業を展開しており,テレビ局とラジオ局は同社の放送網を利用して,放送事業を行っている。このほど ArqivaとBBCとの間で,BBCが利用する放送網の一部を現行の地上デジタル・テレビ放送方式であるDVB−Tから,最新規格であるDVB−T2へ 更新することで合意した。NECはDVB-T2対応のデジタル・テレビ放送用送信機を納入した。DVB-T2は,DVB-Tと比較し,送信容量が30%以 上増加するという。


5.Ajaxアプリ開発キットの新版「Google Web Toolkit 2.0」,性能解析ツールを追加(12.10 nikkeibp)
米Googleは米国時間2009年12月8日,Ajaxアプリケーション開発キットの新版「Google Web Toolkit(GWT)2.0」をリリースした。同社のWebサイトから無償ダウンロードできる。

 GWTは,既存のJavaツールでAjaxアプリケーションを作るオープンソース開発キット。Javaで記述されたプログラムを JavaScript/HTMLコードに変換するため,JavaScriptの知識を持たない開発者でもWebアプリケーションを作ることができる。新版 は,Webブラウザ「Google Chrome」の機能拡張として実現したパフォーマンス解析ツール「Speed Tracer」を採用。速度低下につながるボトルネックを見つけると,Webアプリケーションの高速化に役立つとしている。

 コードの分割ダウンロードに対応し,すべてのコードをダウンロードする前にWebアプリケーションを起動できるようにした。起動に必要なコードを先に提 供し,ほかのコードを必要に応じてダウンロードさせるといった処理を行うと,ユーザーを待たせずアプリケーションを動かせる。

 新たな宣言型ユーザー・インタフェース(UI)フレームワーク「UiBinder」も用意した。UIを含むプレゼンテーション層とアプリケーションの動 きを記述するロジック層を分けて開発できるため,開発期間の短縮につながるという。



 ホームページへ