週間情報通信ニュースインデックスno.677   2008/10/18

1.今こそ、おおらかな気持ちが必要な時(10.17 nikkeibp)
小事にこだわり、大事を看過するのは日本人の大きな欠点 宮田 秀明
 世界経済がとんでもない方向に進むにつれ、イタリア人たちも悲観しているのだろうかとふと考えた。

 イタリア人にはかなりいい加減なところがある。22年前に2週間半ほど滞在した時、様々な経験をした。まず私の勤務先の国立研究所の研究棟は新築された ばかりだったが、エレベーターはまだ動いていなかった。だから私も研究員も毎日階段を使っていた。

 講堂も建設中だった。私に対する講師謝礼の約20%の追加分は結局振り込まれなかった。銀行口座を伝えた時に、たぶんそうだろうなと思ったら、やはりそ うだった。ローマから日本に送られてきたJALのエコノミーの往復切符の素性も怪しかった。帰国が近づいて日本航空(JAL)に再確認を頼んだら、こう言 われた。

 「どこでこんな切符を手に入れたんですか? 乗れるようにしておきますが…」
 だいたい、イタリアの国立研究所の所長が出した正式招請状が私の手元に届いたのは、その滞在が終わって帰国してから1週間も経ってからだった。

 イタリアでは、日本では考えられないことが横行している。遊ぶのも大好きだ。7月と8月はバケーションでほとんど仕事をしない。それなのに1人当たり国 民所得は日本の80%ぐらいを確保している。

 先にいくつか挙げたイタリアの事例は、日本では考えられないことだ。しかし、私たち日本人も、ミスとかいい加減さに対する考え方を少し変えた方がいいの かもしれないと思う。

小さなミスに敏感に反応しすぎて、大きなミスを看過していないか

 勤勉で緻密な性格は日本人の優れた特質だが、小さなミスを責め立てる一方で、大きなミスに対しては“仕方ない”とあきらめてしまうことも多い。小事にこ だわり、大事を見過ごしたり大切にしなかったり諦めたりするのは日本人の大きな欠点のように思う。

 6年前のみずほ銀行の3行統合の時、システム障害が全国的な話題になった。今年は三菱東京UFJ銀行だ。システム障害が発生しても、結局最終的な損害は そう大きくないはずなのに、ミスやシステムのバグが発生すると非難が集中する。1円のミスも許されない世界だから、やむを得ない面もあるが、敏感過ぎはし ないだろうか。

 システムやプログラムのバグを完全になくすことは非常に難しい。不可能と言ってもいいくらいだ。だから、実害が小さいのなら、修復できるのなら、そんな に責め立てるのはやめた方がいいと思う。

 金融の世界では、決済の世界におけるミスやバグは致命的と思われているので、それを起こさないために膨大な資源が投入されている。これが社会にとって大 変非効率な投資かもしれないのだ。

 一方では、金融商品の作り方はかなりいい加減と言える。未来予測が難しいので、誤差が大きくリスクの高い商品も生まれてこざるを得ない面もあるが、あま りにもいい加減だ。サブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題が象徴的である。たくさんのバグとミスを内包した商品を世界中にバラま いて、世界中に大きな価値の目減りと経済の混乱をもたらしてしまったのだ。

 日本にはサブプライムローン関連の商品を買わされて、大きな損失を被った人もいるはずなのに、その商品の設計者や販売員を責めることも稀のようだ。米国 ではサブプライムローン関連の訴訟がたくさんあるのに。

 サブプライムローンのような大きなバグに対して、日本ではそれを責めたり訴訟を起こしたりせず、あきらめる傾向がある。それなのに一方では、銀行の情報 システムのほとんど実害のない小さなトラブルを騒ぎ立てる。おかしくないだろうか。

 小さなミスやバグに対しては、もう少しおおらかになってもいいのではないか。

 
 私自身、情報システムを開発する苦労を経験したことがある。船の設計に使うシミュレーション用のソフトウエアを開発していた頃は、仲間の学生たちと共 に、精神的につらくなる時も多かった。大きなバグが発見できなくて、何カ月も悩み続けることもあった。

 だから研究のプロセスの中で、「PCRミーティング」を持つようにしていた。PCRとはProgram Code Reading の略である。研究テーマの近い数人が集まって、誰かが書いたプログラムを一行一行たどって読み合わせをしてバグを発見するための作業だ。

 それでもバグが発見できなかったり、うまくいかない原因はバグではなくて、計算機能力の限界が生み出す必然的な誤差だったこともあった。情報システムの 仕事は精神的につらい仕事なのだ

ITエンジニアの価値の高い創造活動にもっとエールを

 SE(システムエンジニア)やプログラマーの苦労はもっと理解してほしいと思う。もう少しおおらかに情報システムのことを考えてほしいと思う。
 この10年ぐらい、学生たちの就職志望先で大きく地位を低下させているのは情報システム産業である。ほとんどの学生はSEにはなりたくないと思っている と言ってもいいくらいだ。小さなバグを責められたりしてつらい仕事なのに、報酬は大きくないからだ。

 これからもIT(情報技術)の世界は大きな進歩と発展を成し遂げるだろう。そのために必要なのは人材育成である。小さいミスが理由で若い人材を責める と、彼らを成長させないだけではなく、精神的に病む人さえ作ることも少なくない。この世界の人材育成には改善すべき点は多そうだ。

 社会の進歩の一翼をITエンジニアが担うことは間違いがない。彼らにもっとエールを送るべきだと思う。「もう少しユーザーがおおらかになる」。これが一 番大きいエールだと思う。
 日本の情報システムのビジネスの世界では、ゼネコンと全く同じような、何段階にもわたる下請け構造がある。この構造を健全化することも大切だろう。
 日本全体でもう少しおおらかな気持ちを持って、価値の高い創造活動を支援する環境を作らなければならないと思う。マスメディアの協力も欠かせない。

2.シティなど米大手金融機関、公的資金の受け入れ発表(10.18  nikkeibp)
シティグループやJPモルガン・チェースなど米大手金融機関は17日、金融安定化法に基づく公的資金による資本注入を受け入れる方針を明らかにした。
 注入額は、シティとJPモルガン・チェースが250億ドル、モルガン・スタンレーが100億ドル、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンが30億ドル。
財務省に対し優先株や株式引受権(ワラント)を発行する。

3.IME 2007の変換精度向上、MSが修正プログラムを公開(10.17 nikkeibp)
 マイクロソフトは2008年10月17日、同社の日本語入力ソフト「IME 2007」の修正プログラムを公開した。

 IME 2007は、2007年1月に発売された「2007 Office system」に付属する日本語入力ソフト。マイクロソフトは、かねてIME 2007における不具合を認め、修正プログラムの公開を予定していた。 主 な不具合の現象は2つ。1つは学習させた単語が次回以降の変換結果にすぐに反映されない問題。ユーザーが変換候補から選択した単語が、次回の入力候補の第 1候補にならない現象が発生していた。2つ目は、1つの単語として変換されるべき単語が細切れになり、誤変換となる現象。これにより、ユーザーが登録した 単語が変換結果として表示されない問題も発生していたという。これらを修正し、IME 2007の変換精度を向上した。

 なお、修正プログラムでは、学習アルゴリズムを見直しているため、使用中のIME 2007の学習情報は削除されるという。

4.各社各様の戦略が浮き彫りに,携帯・PHS4社が法人戦略「次の一手」を 強烈アピール(10.16 nikkeibp)
 2008年10月16日,「ITpro EXPO 2008 Autumn」において「エンタープライズ・モバイル 次の一手」と題するパネルディスカッションを開催し,携帯・PHS事業者4社の法人向けビジネスを担当するキーパーソンによる討論が実施された。

カスタマイズ,Bluetooth連携,iPhone 3G,固定-PHS定額
 まずは各社が,法人向けビジネスに対する考え方や取り組みを解説した。モバイルという同じテーマでも各社で重視するポイントは異なり,戦略の違いが鮮明 に浮き出る結果となった。

 NTTドコモ 法人事業部法人ビジネス戦略部技術戦略の松木彰・担当部長は,今後のキーワードとして「カスタマイズ」を挙げた。企業の用途に合わせて端末をカスタマイズ できるようにし,汎用的なものはパッケージ化して提供する方針だ。カスタマイズの対象としては「サービス」「データ・ストレージ」「アプリケーション」 「機能」の4種類の切り口を紹介した。

 例えば「工場に入るので一時的に端末搭載のカメラ機能を利用不可にする」ことが既に可能という。10月6日に発表した「iアプリオンライン」や「iアプ リコール」を利用すれば,TCPやUDPで直接通信するiアプリを開発したり,アプリケーションをプッシュ配信したりすることもできる。今後は,アプリ ケーションを修正せずに機能を拡張するための「ライブラリDL機能」(仮称)も提供する予定だ。

 KDDI ソリューション事業統轄本部FMC事業本部の山本泰英・FMC推進本部長は,「UMPC(ultra mobile PC)やMID(mobile internet device)の登場で多様化する小型ノート・パソコンと携帯電話を2台持つ時代が来る」とにらむ。そこで着目している点が「セキュリティ」と 「Bluetooth連携」という。

 後者のBluetooth連携は,小型ノート・パソコンと携帯電話との間でデータを連携することで,使い勝手を高めたり,互いの不得意分野を補ったりす る用途を予定する。「Bluetoothの通信距離は10メートル程度。小型ノート・パソコンと携帯電話の接続が切れた際に双方の端末をロックする」と いったアイデアも披露した。

  ソフトバンクモバイル 営業・マーケティング副統括法人事業推進本部本部長の平野尚也・常務執行役員は,今後のキーワードとして「インターネットマシン」を挙げた。「今,企業に 求められているのは生産性の向上。インターネットマシンがそれを実現する」と主張する。パソコンの利用時間は1日2時間程度だが,携帯電話は24時間,肌 身離さず所持している。携帯電話で業務を遂行できれば移動時間などを活用できるようになる。その本命がインターネットマシンというわけだ。その代表モデル として,米アップルの「iPhone 3G」を紹介した。

 ウィルコム ソリューション営業本部の鈴木龍雄・本部長は,企業の固定電話とPHS間の通話を定額にできる「W-VPN」,Windows Vistaを搭載した「WILLCOM D4」を含む「スマートフォン」,PHSの通信モジュール「W-SIM」---の三つを法人向けビジネスのキーワードとして挙げた。W-SIMは会議シス テムやハンディ・ターミナルなど,業務用途の端末に搭載する動きが進んでいる。

 後半は,モデレーターを務めた松本敏明・日経コミュニケーション編集長が選んだ注目テーマに対して各社が回答する形式で討論が進んだ。一つ目のテーマは 「モバイル・データ通信」。NTTドコモの松木担当部長は,モバイル・ブロードバンドを実現する重要ポイントは「遅延の少なさ」と「エリアの広さ」にある と主張した。「通信速度が速くなっても遅延が大きいと,できることは限られる。Super 3Gになれば遅延はぐっと小さくなる」。今後はエリア拡充を含め,ネットワークの厚みを強化していくという。

 ウィルコムの鈴木本部長は次世代PHSの優位性を主張した。「PHSはマイクロセル・システムで基地局を大量に設置しているので,(同一の場所に基地局 を設置する)次世代PHSでも混雑時に通信速度が低下しにくい。上りと下りとも対称で高速に通信できるので,IP-VPNや広域イーサネットのアクセス回 線をはじめ,ビデオ会議などにも活用できると考えている」とする。

 二つ目のテーマは「端末のオープン化」。米グーグルのAndroidをはじめ,オープン・プラットフォームを採用した端末が今後増えていく。KDDIの 山本本部長は「端末のオープン化,グローバル化は絶対に来る」と宣言。2009年に投入するスマートフォン「E30HT」(関連記事)はWindows Mobile端末だが,「Windows Mobile以外のスマートフォンを投入するかもしれない」と,オープン化による端末の広がりに期待を示した。

 NTTドコモの松木担当部長は「Androidに限らず,LiMoやSymbianもオープン・プラットフォームになっている。間口が広がっただけで, あとはパッケージの作り方が重要になる」という見解を示した。ここで言うパッケージとは,ユーザーに見える機能やサービスのこと。2009年第1四半期に 投入予定の「BlackBerry Bold」(関連記事)の実機を手に取りながら,機能やサービスに対する同社のこだわりを説明した。

 ソフトバンクモバイルの平野常務執行役員は「iPhone 3G,Symbian,Windows Mobileの3系統を利用しており,特定のプラットフォームに執着せずに取り組んでいる」としながらも,「“進化する端末”という意味ではiPhone 3Gがまさにふさわしい。同じ端末を使いながらOSやアプリケーションを更新・追加することで端末の機能が進化していく」と,再度,iPhone 3Gを強くアピールした。

 ウィルコムの鈴木本部長は「W-SIMがまさに端末のオープン化を狙ったもの」という考えを示した。W-SIMを採用した端末の例を挙げ,「スマート フォンの企業利用は当然として,W-SIMを業務に特化した端末に組み込んでもらうことで独自の文化を築いていきたい」(同)とした。


5.NTTドコモやルネサスなど,携帯電話用チップ「SH-Mobile G4」を共同開発(10.16 nikkeib)
 NTTドコモ,ルネサス テクノロジ,富士通,シャープの4社は2008年10月16日,2010年第1四半期(1月〜3月)をメドに携帯電話用チップ「SH-Mobile G4」およびその上で動作するドライバ,OS,ミドルウエアを共同開発すると発表した。チップからミドルウエアまでを一貫して作り上げることで,各社の開 発コストを“割り勘”することが狙い。

 SH-Mobile G4の目玉は最大5.7Mビット/秒の上り通信が可能なHSUPA(high speed uplink packet access)とHD画質の動画処理,3Dグラフィックスをサポートすること。このほか,最大下り7.2Mビット/秒のHSDPA(high speed downlink packet access),W-CDMA,GSM/GPRS/EDGEの通信方式にも対応する。

 SH-Mobile G4の上で動作するOSやミドルウエアの開発では,Symbian OSベースのものを選択する。ただし,G4の前世代であるG3までで採用してきたSymbian OSベースのミドルウエア「MOAP(S)」を継続して利用するかは未定。

 今後,Symbian Foundationの動向を見ながら決定する模様だ。また,「Linuxベースのプラットフォームのサポートも検討して いる」(NTTドコモ)という。Linuxをベースとする米グーグルの「Android」,大手携帯電話事業者や端末メーカーが参画するLiMo Foundationが開発中の「LiMo Platform」がその候補となりそうだ。


 ホームページへ