週間情報通信ニュースインデックスno.649   2008/03/29

1. ニコニコ動画」、スポーツ速報の動画コンテンツ「ニコニコスポーツ」を試験配信(3.28 nikkeibp)
ニワンゴは3月28日、動画共有サイトにおいて、スポーツの試合結果などを速報で伝えるニュース・コンテンツ「ニコニコスポーツ」を同日より試験的に配信 すると発表した。

ニコニコスポーツは、ニコニコ動画で試験配信している「動画ニュース」内で公開する。プロ野球、高校野球、メジャーリーグ、サッカー日本代表戦と いった、注目度の高いニュースを取り上げ、CGキャラクターがニュースを音声で読み上げる。

試合に出場する選手の発表から、試合の見どころ、試合の経過、結果を動画ニュースに随時追加、配信する。同じ試合に関するニュースについては、時系 列順に連続して再生する。また従来の動画ニュースと同じく、動画にコメントを書き込むことが可能で、ほかの利用者が書き込んだ歓声や応援のコメントを閲覧 できる。

同試験配信は、3次元CGソフト開発のループドピクチャー、およびスポーツ関連データ・プロバイダのデータスタジアムと共同で行う。データスタジア ムが保有するデータ・コンテンツと、ループドピクチャーが持つ、テキストをCGキャラクターが読み上げる「スピンドラーシステム」を組み合わせた。

2.JTB、携帯電話を利用した旅行サービス手がける新会社(3.28  nikkeibp)
JTBは3月27日、携帯電話を利用して旅行者向けのサービスを提供する新会社を4月1日に設立すると発表した。新会社は、旅行者に対し携帯電話向け Webサイトを介して情報提供を行うほか、旅行商品の予約/購入を受け付ける。

新会社の名称は「モバたび」。資本金は7500万円で、JTBが全額出資する。モバたびは6月に、ツアー情報や旅行者のクチコミ情報を収集できる Webサイト「たびけん!」をパソコンと携帯電話向けに開設。旅行者が出発前にパソコン版サイトで収集した情報を、携帯電話に転送し、旅行先でガイドブッ ク代わりに使えるようにする。また携帯電話のGPS機能を利用して現在地に合わせた旅行情報を発信する。

7月には旅行先で携帯電話版サイトから現地の体験プランやアクティビティといったツアー商品を予約/購入できるサービスを始める。新会社は初年度取 扱額4000万円、5年後に6億円を目指す。

3.auの「W42K」で電池の発火・破裂など13件相次ぐ、交換へ(3.29  nikkeibp)KDDI (au)と京セラは2008年3月28日、京セラが製造しKDDIが販売する「W42K」のバッテリーパックに不具合があったと発表した。バッテリーパッ クに強い衝撃が加わると、発火や破裂の恐れがある。KDDIに契約中のW42Kユーザー21万4349人を対象に、バッテリーパックの交換を呼びかける文 書を送付する。

原因は、バッテリーパック内のバッテリーセルの製造元であるNECトーキンの設計ミス。ただし、発火や破裂などの報告が2007年10月から毎月 KDDIに届いていたにもかかわらず、いったん「問題なし」と判断したことで、その後の被害が拡大。不具合発表までに、3件のやけど、2件の火災を含む 13件の事故を起こすに至った。

4.KDDIがSaaSの第1弾を提供、Outlookを月額980円で(3.28  nikkeibp)
KDDIは2008年3月28日、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)形式で提供するサービスの第1弾 「KDDI Business Outlook」を4月25日に開始すると発表した。KDDIが運用するExchange ServerとSharePoint Servicesを、パソコン上のOutlook 2007とauの携帯電話から利用できる。月額料金は1人当たり980円。

KDDI Business Outlookは、KDDIが推進するSaaS戦略の最初のサービス。KDDIがサーバーを運用。ユーザーは、自社でサーバーを構築することなく、ソフト ウエアをネットワーク経由で利用する。ウイルス対策やスパム対策もKDDIが実施する。

5.Google、YouTube投稿ビデオの視聴解析ツール提供(3.28  nikkeibp)
米Googleはビデオ共有サービス「YouTube」向けの新機能について,同社公式ブログへの投稿記事で米国時間2008年3月26日に明らかにし た。無償ツール「YouTube Insight」により,コンテンツ制作者や広告主はビデオに関する統計を入手できる。

YouTube Insightでは,投稿されたビデオの視聴回数やコメント数のほか,地域や特定期間における人気度(平均的ビデオの視聴回数との比較)のグラフなどを表 示する。


ホームページへ