週間情報通信ニュースインデックスno.444 2004/02/21

1.IEにパッチ未公開のセキュリティ・ホール、攻撃コードも出現(2.20  ITPRO)
セキュリティ組織の米SANS Instituteは米国時間2月19日、Internet Explorer(IE)に見つかった新しいセキュリティ・ホールを警告した。 細工が施されたWebページやHTMLメールを閲覧すると、任意のプログラムを実行させられる可能性がある。

実際、セキュリティ・ホールを突くコード(Webページ)が確認されている。米Microsoftからは情報やパッチは公開されていない。対策は「怪しいページ/リンクは、閲覧しない/クリックしない」「メールをテキスト形式で表示させる」「別のブラウザを使う/インターネットとイントラネットでブラウザを使い分ける」――など。

2.米国で超大型携帯電話会社が誕生、NTTドコモにiモード全米展開のチャンス (2.18 日経コミュニケーション)
米国第2位のユーザー数を持つ携帯電話会社シンギュラ・ワイヤレスは2月17日(現地時間)、第3位のAT&Tワイヤレスを買収することで合意したと発表した。株主総会やFCC(米国連邦通信委員会)の承認などを経て、2004年下期に約4600万ユーザーを誇る超大型携帯電話会社が誕生する見通しとなった。
 

3.米Microsoftが「流出したソース・コードのダウンロードは違法行為」と警告(2.20 日経コンピュータ)
米Microsoftは、2月12日以降インターネットに流出している「Windows 2000」と「Windows NT 4.0」のソース・コードの一部に関して、これらのダウンロードは違法にあたるとの警告をインターネット・ユーザーに送った。Microsoft社が米国時間2月18日に明らかにしたもの。

また同社は、ソース・コードの交換が行われているピア・ツー・ピアのネットワークでも、ソース・コードの検索やダウンロードを試みようとするユーザーがいる場合、違法行為である旨を伝えるアラートが表示されるようにした。
Microsoft社は、ソース・コードを所有、あるいは所有しようとするユーザーや、インターネットで配布/ダウンロードしたり、他者と共有しようとするユーザーに対して、「法的措置をとる準備がある」(同社)と述べている。

4.「IT業界は三つの面でパラダイムシフトを迎える」とTISの岡本次期社長(2.18 日経コンピュータ)
「ユーザー企業からの価格引き下げ圧力は強くなる一方だ。ここ2、3年の間にIT業界は大きなパラダイムシフトを経験することになるだろう」。こう語るのは、4月1日付で大手システム・インテグレータのTISの次期社長に就任する岡本晋専務。

岡本氏によれば、IT業界が直面するパラダイムの変換は、すでに三つの形で現実になりつつある。具体的には、「一つは人月単価をベースにしてきたシステム開発価格に対する値下げ圧力。 二つ目はLinuxの台頭によるUNIXを利用したオブジェクト指向のシステム開発への影響。 三つ目は米IBMが提唱しているオンデマンド・サービスの本格化による運用業務などを中心としたサービス価格の破壊」(岡本専務)だという。

5.NTTが“RENA”を使った利用シーンを公開,ネットワーク・インフラの実態は謎のまま(2.18 日経コミュニケーション)
NTT持ち株会社が2月16日,次世代ネットワーク構想「RENA」(resonant communication network architecture)の利用シーンを明らかにした。16,17日の両日,NTT武蔵野研究開発センタで開催している「NTT R&D FORUM」で公開している。

同フォーラムの基調講演ではNTTの和田紀夫社長が,「光をベースにした新ネットワークで,少子高齢化など日本の抱える課題の解決や国のe-JAPAN構想に貢献していく」とRENAへの意気込みを表明。このほか,NTT研究所の成果を中心に,ワークショップやデモを展開した。

持ち株会社がRENAの主眼に据えているのは映像コミュニケーション・サービス。 「今までイメージしにくかったRENAの姿を見せる」(NTT)ことを目的にしたデモには多くの研究成果を盛り込み,母と離れて暮らす娘のやり取りを想定した利用シーンを実演した。

具体的には,テレビ電話をベースにビデオ・メールを親子で共有したり,テレビ電話上での通話転送などを見せた。要素技術として,ビデオ・メールの自動要約機能や,動画から音声をキーワードにして画像を検索する機能などが盛り込まれた。また,「つながり感メディア」と名付けたタッチパネル式のセンサーを使って,プレゼンス情報を公表する仕掛けや,テレビ会議を開始する前に音声でのやり取りを経るといったテレビ電話用の作法も紹介した。
 

 ホームページへ