週間情報通信ニュースインデックスno.350 2002/04/06
 

1.フュージョンが“IP電話”を夏にも開始(4.1 日経BizTech)
フュージョン・コミュニケーションズは4月1日、ブロードバンド・アクセス回線を利用したIP電話サービスを夏にも開始すると発表した。

開始予定のサービスは、ユーザー宅にIP電話機などを設置し、インターネット経由でフュージョンのIP網へと送り出し、加入電話と通話する。 発信側はNTT東西地域会社に支払う接続料を払わずに済むため、「通話料は未定だが、中継サービスよりも安くする」(角田忠久社長)方針だ。

2.みずほ銀ATM障害、原因は接続用マシンに(4.2 日経BizTech)
4月1日、終日に渡ってみずほ銀行のATM(現金自動預け払い機)で全国規模の障害が発生したが、原因は、ホスト間接続をするために新たに導入したマシンにあったことが、1日深夜明らかになった。

具体的には、このリレーコンピュータのプログラムの誤りで、一定量以上のデータを受けるとデータがオーバフローし、処理が停止してしまうというもの。 みずほ銀広報室によれば、3月29日から4月1日午前0時までATMでの処理を全面停止していたことと、期末処理とが重なり、4月1日始業時にリレーコンピュータに大量のデータが一斉に流れ、システムがハングアップしてしまったという。

 リレーコンピュータに関するプログラム・ミスは2日始業時までに完全に修正を終え、始業時以降すべてのATMは正常に稼働している。

3.システム障害による口座振替の未処理件数は5日現在10.5万件=みずほHD(4.5 ロイター)
みずほホールディングスは、傘下のみずほ銀行で発生したATMなどシステム障害により口座振替取引のデータ振り分け作業が遅れ、1日に行われたおよそ300万件の振替取引のうち、現在までにおよそ10万5000件が未処理になっていると発表した。

みずほホールディングスの石坂文人専務は記者会見を開き、当初、10万5000件としていた口座振替の未処理件数を訂正し、1-5日までの未処理件数は250万件に上っていることを明らかにした。二重引き落としは1-4日までに3万件、振り込みの遅延は2000~3000件、間違った相手先に振り込まれた誤送金は5000件、それぞれ発生しているという。

原因について、石坂専務は「準備すべきことの認識が甘かった。慎重で手厚いシステム・人的対応を取るべきだった」と語った。

4.J-フォンがauを追い抜き2位に(4.5 日経コミュニケーション)
社団法人の電気通信事業者協会(TCA)は4月5日、2002年3月末時点の携帯電話・PHSの加入者数を発表した。 カメラ付き携帯電話端末「写メール」を武器に急伸したJ-フォンがついにau(KDDI/沖縄セルラー電話)を抜き、シェア2位の座を獲得した。 3月末時点の携帯電話加入者数の合計は6912万600加入。 純増数は111万9900加入で、このうち最大手のNTTドコモが半数を超える56.6%を占めた。 次いでJ-フォンが31万3800加入(28%)、auが17万4600加入(15.6%)となった。 ツーカー・グループ3社は2001年7月以降純減が続いており、3月末時点でも2400加入の純減。
 

5.IPテレフォニは急成長の見込み、07年の通話時間は970億分へ(4.6 日経BizTech)
「北米におけるIPネットワークを介した音声通話時間は、2007年に970億分に達するだろう」。 通信分野のコンサルティングおよび市場調査を行う米Atlantic-ACMが米国時間4月2日に、IPテレフォニ市場の今後の展望を調査レポート「IP Telephony: Sizing, Case Studies & Overview 2002-2007」にまとめて発表した。

「現在、電気通信分野のさまざまなサービス・プロバイダは、IP技術が自社業務に与える影響を見極めようとしている。 過去2年間は、米Net2Phone、米iBasis、米ITXC、米Level 3 Communicationsなど、次世代技術を導入したキャリアがVoIP市場の成長をけん引した。 その傾向は続くが、今後は長距離通信事業者やRBOC(旧ベル系地域電話会社)など、従来のサービス・プロバイダがVoIP市場の成長に貢献するようになる」(Atlantic-ACM社CEOのJudy Reed Smith氏)

またAtlantic-ACM社は、SIP(Session Initiation Protocol)などの革新的な技術が市場の成長を牽引するとみる。 「H.323技術の進歩やSIPの開発が、市場の成長に貢献するのは明らかだ。 相互操作性も重要なカギであり、わずかな進展でも市場にとっては吉報だ」(Atlantic-ACM社上級コンサルタントのNick Regas氏)。
 
 
 
 

 ホームページへ