週間情報通信ニュースインデックスno.282 2000/11/25
 

1.キオスク端末でチケットを手軽にゲット(11.21 日経BizTech)
音楽公演などのチケット販売と、小売店の店頭に設置するキオスク端末(店頭型端末)を組み合わせた新しい試みが動き出した。 興行会社ザックコーポレーション(東京・渋谷区、宮崎恭一社長)が、日立製作所と共同開発した新チケット販売システム「Eリーグシステム」を、本格的に展開し始めたのだ。

まず、日立マクセルが開発したキオスク端末と組み合わせ、11月7日カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する東京・渋谷の複合ビル「Q-FRONT」5階に実験的に設置した。集客実績を踏まえ、CCC傘下の「TSUTAYA」各店に、来年以降、展開していく予定だ。

 続いて、コンビニエンスストアチェーン大手のサンクスアンドアソシエイツも、来年から順次、店頭に設置するキオスク端末に、「Eリーグ」を導入する見込み。 また、全国の中小コンビニと提携して公共料金などの決済システム構築を目指すメディアコンビ(東京・台東区)も、NTTエックス製のキオスク端末に、「Eリーグ」を採用する。

2.国内CRMのSIは2004年に約2382億円--IDC Japan(11.21 日経BizTech)
 IT関連の専門調査会社IDC Japanが11月20日付けで、日本のCRMのシステム・インテグレーション(SI)サービス市場の調査/予測結果を発表した。 それによると1999年のCRMのSIサービス市場は1144億円強で、日本のSIサービス市場全体の12.8%を占めている(ソフト製品の売上は除く)。

IDC Japanは日本のCRMサービス市場が今後5年間、平均年率15.8%で成長すると見込み、2004年までに約2382億円規模、SIサービス市場の約2割に達すると予測した。

3.NTTデータ、ASP無料提供の新会社設立(11.22  日経BizTech)
NTTデータは11月21日,ASPサービスを無料で提供する新会社「NTTデータキュビット」を設立したと発表した。  新会社は,小規模なEC(電子商取引)サイトの運営者を対象に,ECサイトに必要な受注や物流機能などを提供する。  サービス開始は2001年3月。  バナー広告などを収入源として,2003年度の黒字化を目指す。

4.パルコがインターネットTV事業に参入( 11.22  日経BizTech)
セゾングループでファッションビル事業を展開するパルコは、動画コンテンツ配信事業を開始する。 動画制作・配信会社のオルカビジョン(東京都千代田区)と共同で12月8日、新会社パルコ・ドット・ティーヴィー(東京都渋谷区)を設立し、2001年1月1日から試験配信を開始する。  番組はすべてオンデマンドによるストリーム配信で、当初は14番組を提供する。

 新会社のWebサイト「parco.tv」(http://parco.tv)を通じて配信するのに加えて、他のブロードバンド向けコンテンツ配信会社へも番組を提供する。

5.Nokia、IPv6対応GPRSネット発表--世界初(11.22  日経BizTech)
フィンランドのNokiaが現地時間11月21日に、次世代インターネット・プロトコルIPv6(Internet Protocol version 6)に対応したエンド・ツー・エンドのGPRSネットワークを発表した。  IPv6はIPv4と比べアドレス空間を飛躍的に拡張するほか、セキュリティ機能を導入、機能の拡張性や柔軟性なども大幅に向上させている。

 IPv6は第3世代(3G)システムの中核となる技術で、次世代移動通信システム「IMT-2000」の標準規格策定を進める3GPP(Third Generation Partnership Project)は、次世代モバイル・ネットワークの基本プロトコルとしてIPv6の採用をすでに決めている。
 
 

 
 
 

 ホームページへ