週間情報通信ニュースインデックスno.279 2000/11/04
 

1.電子情報「財産」と規定(10.31 日経)
法務省は経済構造改革を推進するため、作業が先行している商法に加え、民法、刑法を含めた基本三法の抜本改正に乗り出す。 インターネットを使った電子商取引が急増しているのに対し、売買対象となっている電子情報を法的な「財産」として保護することが最大の柱となる。 電子商取引の売買・使用許諾など契約ルールの明確化、コンピュータへの不正侵入などハイテク犯罪への対応強化などがポイントになる。

2.CWIDC、日本に光ファイバー網(10.31 日経)
英通信大手ケーブル・アンド・ワイヤレスは30日、日本で今後5年間に1500億円を投じ、全国規模の基幹通信網を構築すると発表した。 投資に合わせて役1000人を新規採用する。  世界第2位の通信市場である日本でデータ通信需要を獲得するには自前の通信網確保が不可欠と判断した。

3.「売れる価格」はこう作る(10.30 日経ビジネス)
10月16日、ハンバーガー業界2位のモスフードサービスが、業績の下方修正を発表した。 日本マクドナルドが口火を切ったハンバーガーの低価格攻勢に追随。 これが裏目に出たためだ。 既存客が低価格商品に乗り換え、客単価、平均来客数とも下がってしまった。

価格の市況化の流れに乗った安易な値下げは、命取りになりかねない。  そこで知恵を絞らねばならないのが、「売れる価格」の作り方だ。   社内横断組織「カローラ株式会社」をバーチャルにつくって、新型カローラを開発したトヨタ自動車。  汗のにおいを吸収する肌着を開発したグンゼは、販売面にも「科学」を導入し、従来品より700円高くても売れる商品を実現した。   ソニーは日本人の安物嫌いの心理を突いて、値段もちょっと高いが付加価値がいっぱい付いたパソコン「バイオ」で市場開拓を成功させた。

 
4.「対日戦略すべてを語ろう」仏カルフール会長(10.31  日経ビジネス)
欧州、南米、アジアの25カ国で約9000店を展開する世界第2位の小売業、仏カルフール。約6兆円の売上高は国内最大手であるイトーヨーカ堂グループのほぼ2倍だ。  26カ国目となる日本での1号店開業が1カ月後に迫る中、ダイエーとの提携交渉が表面化するなど、カルフールの動向に流通関係者の注目が集まる。  このほど来日したダニエル・ベルナール会長は本誌との単独会見に応じ、国際戦略やダイエーとの交渉について語った。

――日本では「小売業は本質的に自国の消費者を相手にする国内産業である」という認識が大勢を占めます。

「私の意見は違います。10年以上前から小売り業態のグローバル化は着実に進展しています。   スーパーマーケット、ディスカウントストア、コンビニエンスストアといった業態は世界中に存在している。  とりわけ我々が日本で展開しようと考えている、鮮魚からコンピューターまでを1カ所で販売する『ハイパーマーケット』は、日本ではまだ馴染みが薄いが世界で今、最も受け入れられている業態なんですよ」

「テレビの普及などであらゆる国の人々が同じような自動車、電化製品、ファッションを求めるようになった。  買い物のスタイルについても同様です。どこの国でも人々は店に車で乗りつけ、より便利で近代的な店内でカートを押しながらショッピングをしたいと考えるようになっています」

5.Adobeが次世代のパブリッシング構想を発表 (11.1 日経ITPRO)
米Adobe Systemsが次世代のオンライン・パブリッシングに向けた新たな構想「Network Publishing」を発表した。 米国時間10月31日にカリフォルニア州サンノゼ Tech Museum of Innovationで行われた記者発表で明らかにしたもの。

Network Publishingとは,視覚的にリッチで,それぞれが意味を持つコンテンツを作成し,それを管理したり,WWWページ,プリンタ,携帯電話,ハンドヘルド機器,パソコン,インターネット専用端末(インターネット・アプライアンス)といったユーザの利用する媒体を選ぶことなく安全に配信することを意味するという。

Network Publishingのもとでは,個人やグループなどがコンテンツを一度作成すると,機器の違いにかかわらず作成者の意図通りに出力されるようになるという。「ユーザーはどのような場所でも閲覧/保存し,好みの場所や機器へ転送/印刷することができるようになる」(同氏)。

6.郵政省インフラ整備計画、2005年までに全家庭に光ファイバー網(11.2 日経)
郵政省が検討している超高速インターネットの計画概要の内容が明らかに。  2005年までに全家庭に光ファイバー網を整備、IPv6を実用化、低料金での利用できることを目標にする。
 
 
 
 
 

 ホームページへ