週間情報通信ニュースインデックスno.240 99/01/22
 

1.ソフトバンク・コマース、企業間ECサイトの運営会社設立 (1.17  日経BizTech)
   ソフトバンク・コマース(本社:東京都中央区)は1月17日、米VerticalNetと共同で企業間の電子商取引(EC)を行うサイトを運営する新会社、「バーティカルネット」を設立すると発表した。 業種別に特化した複数のWebサイトを立ち上げ、インターネットを使った企業間取り引きの仲介、製品/企業情報の交換、コンサルティング、研修プログラムの運営などのサービスを提供する。新会社の設立は2000年2月の予定。事業の開始時期は未定だが、準備が整い次第できるだけ早く開始したいとしている。

2.月額5000円の常時インターネット接続--4月からFTTHでNTT-MEなど (1.17 日経BizTech)
  エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME、本社:東京都千代田区)とエヌ・ティ・ティ テレコムエンジニアリング関西(NTT-TE関西、本社:大阪市)は、月額5000円の常時インターネット接続サービスを2000年4月から関西地区ののニュータウンで提供すると発表した。 名称は「光インターネットマルチメディアサービス」。NTT-MEが設置するFTTH(Fiber To The Home)設備と、同社のインターネット接続サービス「XePhion(ゼフィオン)」のバックボーンを組み合わせて、最大10Mbpsのサービスを提供する。NTT-MEがサービス運営を、NTT-TE関西がシステム構築、運用、保守を担当する。
   新規に分譲される約700戸の一戸建て住宅が対象となる。サービス開始にあたりNTT-MEとNTT-TE関西は、コンテンツ提供用のサーバーやミラー・サーバーなどを設置する「サーバセンター」をニュータウン内に構築する。 このセンターと各一戸建て住宅間を10Mbpsの光ファイバで結ぶことにより、センターから10Mbpsの通信速度でコンテンツなどを受信できるようにする仕組みだ。

3.SIIがデビットカード用携帯決済端末(1.19   日経)
   セイコーインスツルメントは18日、キャッシュカードで買い物ができるデビットカードシステムの決済で使う携帯端末を開発・販売を開始したと発表した。 クレジットの信用照会も可能。   価格はオープンで実売価格は10万円台になる見込み。
 

4.SCE、プレステ2控えゲームソフトのネット配信新会社設立(1.19  日経産業)
   2月1日ゲーム機やソフトを員種っと経由で販売する新会社を設立。 SCEは2001年からプレステ2を使い辺ー無や映画、音楽などのコンテンツをデジタルデータのまま配信販売する。    新会社名はプレイステーション・ドット・コム・ジャパン。

5.日米通信協議NTT接続料で物別れ(1.20  日経)
  ワシントンで階最中の日米通信協議が物別れになった。NTTの回線接続料を今後4年間で最大20%程度引き下げるとの郵政省の最終案にUSTRが反発したため。 今後外務省が打開策を模索するが不要に終わった場合、制裁発動の可能性もある。
 

6.NTTデータ、凸版印刷などCATV使い家庭向けASP(1.20  日経産業)
   上記2社、トーメンなど7社は8月からCATVを使って家庭に粉点津やソフトを配信するASP=アプリケーション・サービス・プロバイダー事業を始めると19日発表した。 介護相談、遠隔学習、家計簿ソフトの基幹貸しなどのメニューを予定。トーメンが出資する首都圏6ヶ所のCATV局などで順次始める。

7.日本HP、1時間で大規模システム復旧するサービ スを開始 (1.20  日経BizTech)
  日本ヒューレット・パッカ?ド(日本HP、本社東京)は、コンピュータシステムが不測の事態で停止した場合に、迅速に復旧、継続するためのサービス「HP ビジネスリカバリ・サービス」を開始する。高可用性が求められるERPやSCMシステムなど基幹業務システムが主な対象。 システム停止時の影響をあらかじめ把握出来るほか、ユーザーが独自にバックアップセンターを有する必要がなくな るという利点もある。
 サービスメニューは1時間以内の回復を目標とする「 HP BRSコンティニュアス」、2〜8時間以内の「同イミーディエイト」、8〜24時間以内の「同クリティカル」、24?72時間以内の「同コア」、72時間以上の「同ベーシック」の5つ。価格は最上位のコンティニュアスが年間7400万円、最廉価のベーシックが年間120万円からで、1月24日より販売を開始。サービス提供は4月1日より開始する。

8.IT革命3つの逆転(1.21 日経産業)
携帯電話固定電話を逆転−携帯電話3月末5770万台、NTT固定電話5600万台
パソコン出荷、カラーTV逆転−PC99年度出荷900万台、TV1100万台→来年度には逆転
データ通信量、音声を逆転−2000年度末データ15万テラバイト、電話14テラバイト
 
 

  ホームページへ