第34回情報化研究会・第 12回京都研究会
「次世代WAN、スマートデ バイスで変える2011年のネットワーク」
 
 2009年7月に登場したKDDIのWideAreaVirtualSwitchで始まった次世代WANサービスは、この4月に始まるNTTコミュニ ケーションズのUniversalOneでさらに選択肢が広がります。 また、昨年の京都研究会で取り上げたAndroidはiPhone、iPadに 押されていましたが、今年はAndroidがiOSを抜きさる年です。 京都研究会ではこのようなトレンドの中で企業はどんなネットワークを作るべきか、 スマートデバイスをどう活用すべきか、考えたいと思います。

1.     日時・場所
2011年4月2日(土)  13:30〜17:00(受付13:00から)
キャンパスプラザ京都(JR京都駅前)
http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

2.     プログラム
13:30−15:00
「次世代WANとスマートデバイスで実現する“インフラ+コミュニケーション”革 新」
情報化研究会主宰  松田 次博
 次世代WANサービスは低価格・高品質・広帯域な企業ネットワークの実現に大きく貢献しています。 最新の事例を紹介するとともに、NTTコムの新サー ビスやLTEでこれからどう進化するかアイデアを述べます。
 昨年の京都研究会ではAndroidを取り上げましたが、実際にはiPhone、iPadが席巻した1年でした。 しかし、今年はAndroidが iOSを抜き去る年です。 企業ユーザは何をするために、何を選択すればいいのか、デモを交えて紹介します。
15:10−15:20 休憩
15:20−16:00
「NTTコミュニケーションズ UniversalOneの狙いと企業における活 用」
NTTコミュニケーションズ株式会社 ビジネスネットワークサービス事業部 ネットワークサービス部
サービス企画担当   堤  洋介氏

  4月から始まるNTTコミュニケーションズの次世代WANサービス、UniversalOneをこのサービスを企画・開発したご本人である堤さんか ら、その特徴と企業での使い方を解説してい ただきます。 新しいサービスが生まれた背景も含め、貴重な話が聞けることと思います。

16:00−16:40
「これからのAndroid、iOSとアプリケーション」(仮題)
Ageet代表取締役 岡崎 昌人氏
 スマートデバイス向けアプリを開発しているAgeet社には昨年の京都研究会でAndroidの話をしてもらいました。 この1年間でのマーケットや技 術の変化と、これから有望なアプリケーションについて話していただきます。
16:40−17:00
 質疑
17:00閉会
3.会費
会員4000円、非会員6000円
4.懇親会
ITALICO(京都駅ビル内)075−365−3363
 会費 4000円(研究会会費とは別です。 会員、非会員とも)
5.申し込み
フルネーム、所属、電話番号、会員・非会員の別、懇親会の出欠を下記メールまで連絡してください。

tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp