間違いだらけのネットワーク作り(99) 99/10/23
「FRF12とVoIP(続)」

  先週の記事について会員のSさん(キャリア勤務)からメールを頂きました。私の「FRF12をサポートしただけで128Kアクセス回線を用いたFR網で使い物にならないほど悪かった音質が改善されたことが、完全には納得できない」というコメントに対しての参考情報です。

以下、引用。
---------------------------------------
 ところで、「間違いだらけのネットワーク作り(98)」の「ルータがFRF12をサポートしたので改善された」ことについてですが、(私の個人的な憶測ですが、)古いソフトバージョンでのVoIPoverFRでは、通常にconfigを書いた場合は、RTP HeaderCompressionが効いていないようです。(経験より)
 FRF.12のFragmentationをサポートされるソフトの変更に合わせて、このバグらしき問題が改善され、圧縮が効くようになったのでは?
実機があれば、お試し頂ければと思います。(既にご存知かも知れませんが)それとも、新しいソフトバージョンではVoFRにも対応できる
噂も聞きました。VoIPoverFRからVoFRになっていることなどないと思いますが、、、?
 改善の方法に非常に興味があります。引続き、情報のご提供を期待しております。
 表ではいい情報ばかり聞きますが、裏ではバグ情報が聞こえて来ます。完璧なVoIPはいつ実現できるのか興味津々です。
---------------------------------------
 VoFRに変わっていたらお笑いですね。VoIPでは低速から高速まで全体をカバーすることは無理、ということになります。私はルータ屋のためにデバグに協力する気などさらさらありませんが、いろいろなことが起こっているのですね。まあ、ここに書かれているようなことは氷山の一角でしょうが。ユーザが一生懸命デバグして「画一化」への道を進んでいるようです。

 情報化研究会の方に毎週配信しているニュース・レターのリードに「画一化」のことを書いたら、やはりキャリアに勤務するUさんから次のような返信が来ました。
以下、引用。
---------------------------------------
 いつもニュースインデックス、いつも読ませていただいています。(ニュースより、松田さんの書かれているリード部分がより興味深いですが)

ところで、本日のニュースインデックスで松田さんが言われている「ネットワークの世界の画一化」というのは、私も強く感じているところです。私もVPNサービスを企画開発しているキャリアの社員ですが、最近の新しいネットワークサービスというのは、要素技術をいくつか組み合わせて短期間に簡単に開発して提供しており、誰がやっても同じようなサービスで、かつデファクトスタンダードな技術しか使わない
ので、画一的といえば非常に画一的なものしか出てこないように思います。

特に、今の世の中はIP一色といった感じで、IPをやらないと商売にならない状態です。私のところでも、FR/ATMの上にIP−VPNを載せたメニューを出して、主に大口ユーザ向けに売っていますが、ユーザ側もIPサービスだというと関心を示すようです。こうなると、キャリア間でサービス内容に差がなくなり、単なる価格競争に陥ってしまい、IPをやればやるほど自分の首を絞めるようなものです。

最近は、通信本来の部分で差別化ができないなら、周辺サービス(SLAとか、billingといった顧客サービス)の部分で差別化をしようとしていますが、これもすぐには進まず、毎日悩ましい日々を送っています。

仕事に如何に付加価値をつけて差別化するか、というのは大変です。
---------------------------------------
 フレームリレーやATMにIPの皮をかぶせるとユーザが関心を示す・・・レベルの低い話です(Uさんじゃなく、ユーザが)。ネットワークは”厚底サンダル”のようなファッションなんでしょうか?皆がはくから、自分もはく、そしてズッコける。何でもIPにカプセリングするという、IPへの画一化は私は悪いことだと思っていません。適用する製品まで「画一化」するために、日夜デバグに協力し、「誰がやっても同じ」という自分たちの付加価値を0にする努力をしていることが、私には不可解なのです。最後に儲かるのはルータ屋だけ、という奴隷社会を作っているようなものです。ちなみにUさんのところでは製品の画一化には走ってないようです。

 私はユーザ要件をよりよく満たすために技術や製品を選択する能力がなく、「画一的な」提案しか出来ない人は「奴隷」だと思います。知らないうちに選択の自由を奪われ、単純な価格競争の中で利益を失い、「搾取」(むかしマルクス経済学で習いました。なつかしい言葉!)されているのです。

 もっと多様で、楽しいネットワークの世界を目指してはどうでしょう?
 

 
ホームページへ