間違いだらけのネットワーク作り(69) 99/03/27
「Lucent社/Nortel社/CISCO社訪問」

 先週お知らせしていたように、3月21日(日)から米国に行き表記の3社を訪問して、VOIPを中心に企業・ISP・キャリア向けの製品開発のコンセプトや技術についてヒアリングし、今日2時過ぎに成田に帰りました。
 月曜日にNYでLucent社とミーティング、火曜日にダラスへ飛んでスグNortel社訪問、水曜にサンフランに移動、翌日サンノゼのCISCO社訪問、というあわただしさでダラス滞在はわずか18時間でした。
 3社とも興味ある、usefulな情報を提供して頂きました。特にNortel社Customer Solutions, DirectorのRavi Narayanan氏、CISCO社Enterprise Marketing, Vice PresidentのPeter Alexander氏のお二人の話はヒントになることが多く、また内容とは別次元の着眼点や話の仕方も秀逸で感激しました。
 今回の訪問は各社の製品や技術のヒアリングが目的ではなく、将来の企業ネットワークをどうとらえているか、それに対してどんなコンセプトで製品を開発しようとしているかを聞くのが目的でした。共通していることも多かったですが、IP化への力の入り方や捉え方の広さや深さ、実現のタイムスケジュールにはかなり差がありました。
  技術面でのkeywordはMPLS、H323、IP Phone(Ethernet Telephone、Virtual Telephone)といったところが頭にひっかかりました。技術的フレームワークも各社独自性があって、面白かったです。
 社費での出張であり、各社のconfidentialな情報も含まれるため、情報をこのページに公開することは出来ませんがIP化への大きく速い流れは着実に進んでいます。

ホームページへ