間違いだらけのネットワーク作り(1080)2019/09/28
第51回情報化研究会予告「今、企業ネットワークですべきこと」

外を歩くと風がさわやかで、それだけで気分が良くなります。 今週は木金と高知へ出張しました。 高知に来るのは5年ぶり。 仕事に限定すると9年ぶりでした。 高知は好きなところで、研究会の旅行でも2001年、2010年と2回来ています。 2010年は「龍馬伝」がNHKで放送されていた年で、武市半平太と岡田以蔵のお墓参りなどをしました。

第51回情報化研究会予告「今、企業ネットワークですべきこと」

最近、面白い経験をしました。 ある企業の幹部からいきなりメールが来て、ネットワークの相談に乗って欲しいと頼まれたのです。 インターネットでいろいろと調べていて、私に相談するのが良さそうだと目星をつけたそうです。 質問事項を箇条書きにして送って来られました。 そのメモを読んで、企業ネットワークをこれからどうしていったらいいか、困っている企業が多そうだ、と思いました。

であるならば、「今、企業ネットワークですべきこと」をテーマに研究会をしよう、と思いつきました。 例年12月に開催しているのですが、日本科学未来館の予約が取れず、11月2日になりました。 プログラムは下記のとおりです。 「面白くて、役に立つ」研究会にしたいと思います。 ぜひ、ご参加ください。

第51回情報化研究会
「今、企業ネットワークですべきこと:フレッツIPv6から5G活用まで」
「コミュニケーションロボットとAIの最前線」

NTTドコモは9月20日に5Gのプレサービスを始めました。 いよいよ5Gの実用が始まったのです。 5Gを企業ネットワークでどう活かすか、議論します。 5Gの時代になっても企業ネットワークで多用されるフレッツの使いこなしも大事。 これも取り上げます。

牧野フライス製作所・CIOの中野さんからは製造業で起こっている機械技術、IoT、AI等の融合と5Gへの期待について語っていただきます。  中野さんは講演デビューです。 フレッシュな話が聞けるものと楽しみにしています。

私が愛媛県西条市にご提供しているロボット見守りサービスの商用サービス開始からほぼ1年経ちました。 これまでの成果とこれからの展望について述べるとともに、コミュニケーションロボットの頭脳であるクラウドAIの動向を紹介します。

1.日時・場所
11月2日(土)14:00-17:00(受付14:00-14:15)
場所:日本科学未来館7F・天王星ルーム

2.プログラム

14:15-15:30 「企業ネットワークでのフレッツIPv6、5Gの活用/コミュニケーションロボットとAIの最前線」
情報化研究会主宰 松田 次博


企業ネットワークのトレンドだけでなく、現実に大規模ネットワークを運用していて感じている問題意識に基づいて5Gはじめ様々なトピックについて述べます。 コミュニケーションロボットは普及期に入りました。 より多くの方に使ってもらうための課題と解決策、技術的な核であるクラウドAIの動向について話します。

15:30-15:40 休憩

15:40-16:40「人と機械とコミュニケーション」
牧野フライス製作所 CIO 中野 義友氏


長く同じ顔ぶれの工作機械産業に、IT関連の世界大手やスタートアップ企業などが多く見られるようになりました。
人手を省いて精度良く、速く、少量を多品種に作るという工作機械独自の進化と並行し、IoT、人工知能などとの融合が急速に進み、化学反応が起きています。
昨年、IT企業から製造業に転社し、変革のど真中にいる立場からその辺りの取組みや直面している課題およびネットワークへの期待などお話できればと思います。

16:40-17:00 質疑&集合写真撮影

3.会費

会員 4000円 非会員6000円(当日受付でお支払いください)

4.申込み

 氏名(フルネーム)、所属、連絡先電話番号、会員・非会員の別を書いて下記へメールで申し込んでください。

  *ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ