間違いだらけのネットワーク作り(1064)2019/06/01
「ネツエン最高。」

昨日、豊橋に出張しました。 豊橋は初めてです。 東海支社の営業と合流して昼食を食べたのですが、当地の名物はカレーうどんだそうで、その店に入りました。  写真では分かりませんが、ふつうのカレーうどんと違うのはうどんの下にごはんとトロロが入っていること。 ごはんの量は多くありません。 カレーなのでうどんだけでなく、ごはんでも味わいたい、というのは理解できるのですが、トロロを入れる発想は分かりません。 味はよかったです。

 

「ネツエン最高。」  

豊橋からの帰りの新幹線にこんな広告が掲示されていました。



YAMAHAの広告です。 

「会社を陰で支え続けるネットワークエンジニアは最高だ。」
  「未来を『つなぐ』ネットワークを共につくろう」
”Yamaha is proud of Network Engineers."

と書いてあります。 企業で働くネットワークエンジニアに呼びかけた広告なのですね。 この広告を見たネットワークエンジニアはどう思うでしょう。 私は「陰で支える」という表現は日影者のようで今一つだと思いました。 ネットワークだって新聞に載るような仕事が出来るのですから。

このページを読んでいる人もネットワークエンジニアが多いと思いますが、自分の仕事が最高だと思っている人がどのくらいいるでしょう? 私自身はどうかと言うと「ネットワークエンジニアの心得帳」「自分主義」を読めば分かるとおり、ネットワークの仕事を楽しんでいることは間違いないです。 

最近はネットワークだけでなく、ロボットの仕事にも力を入れています。 アイデア力、営業力、まとめ力といった力はネットワークだろうが、ロボットだろうがどんな仕事でも通用するものだと分かりました。 今の私はネットワークエンジニアという枠を完全にはみ出しているので、別の呼称を考えなきゃいけないと思っています。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ