間違いだらけのネットワーク作り(1062)2019/05/18
「ロボットが生活を豊かにする時代」

今年の大河ドラマは史上最低の7%台の視聴率を記録しました。 本当にヒドイ。 毎回中村勘九郎のふんどし姿を見たくもないのに見せられる。 おしりで女性の視聴率でもかせげると思っているのでしょうか? くだらない。 何が描きたいのか、まったく焦点がさだまらない、感情移入できるようなこともない。 大河ドラマは毎年観ているので、仕方なく見ている状態なのですが、そろそろ我慢の限界かも知れません。 クドカンの脚本は朝ドラのドタバタ劇なら使えるのかも知れませんが、大河をドタバタ劇にしたのでは膨大な製作費の無駄遣いです。

「ロボットが生活を豊かにする時代」  

7月1日ICTイノベーションセミナーを開催します。 今年で連続11回目です。

「ついに来たロボットが生活を豊かにする時代」



コミュニケーション・ロボットの活用がメインテーマです。 基調講演は愛媛県西条市の出口副市長にしていただきます。 今年1月に始まったロボットみまもりサービスの責任者としてサービスの狙いや今後の計画を話していただきます。

私の講演はいつもどおり企業ネットワークの動向とネットワークのトピックスについて話し、その後、ロボットの話をデモを交えてします。 プロジェクトの現場で聞いたご利用者の声にはいろんなことを気づかされました。 NECのロボットだけでなく、AIBOも持っているおばあさんがいて、両者の違いも分かりました。 このような現場で得られたノウハウを面白おかしくご紹介します。

最後の渡辺さんの講演は社会のさまざまな分野でのコミュニケーション・ロボットの活用事例を紹介してもらいます。

ロボットなんてネットワーク屋の自分には関係ない、と思う人も多いかも知れませんが、ロボットはコミュニケーションツールです。 自分の仕事に直接役立たなくてもヒントになることは多いと思います。 ぜひ、ご参加ください。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ