間違いだらけのネットワーク作り(1043)2018/12/22
「名古屋セミナー報告」

水曜日、情報化研究会コアメンバーの忘年会を目黒のビストロで開催しました。 例によってしゃべりたい放題で、今のはセクハラ発言だなどと言われながら楽しい時間を過ごしました。 ワインはスパークリング2本、白2本、赤2本をあらかじめ選んでおいたのですが、皆さんたくさん飲むので結局8本空けました。 2時間でこれだけ飲むのだからすごいぺースです。 私は翌日、名古屋での講演があるので1次会だけで終わりました。



今日の午後は妻と新宿へクリスマスプレゼントを買いに出かけます。 クリスマス前の土曜日に出かけるのがここ数年の恒例になりました。 孫と妻のプレゼントを買います。

「名古屋セミナー報告」
    

木曜日に名古屋でセミナーをしました。 ハウステンボスのCTOで変なホテルと手がけた富田さんと私が講演しました。

AI、ロボットビジネスの可能性を探る

富田さんとはセミナーが始まる前に15分ほど雑談しました。 機関銃のようにしゃべり続ける人です。 しゃべるというか、叫ぶ、に近い印象です。 こういう人には初めて会いました。

講演も同じで、90分間叫び続けていました。 内容はともかく70歳で90分間叫び続けられることに感心しました。  やはり、「人間はエネルギーだ」と改めて思いました。

講演内容は仕事に直接役立つ内容はほぼありませんでした。 哲学的というか、心構えのような話が多かったです。 セミナーのテーマが「ロボット、AIビジネスの可能性を探る」なので、変なホテルのロボットの話を詳しく聞けるものと期待したのですが、まったくその話はありませんでした。

その代わり、ドローンの話が多かったです。 ご自分でドローン撮影したハウステンボスの花火の映像とか、変なホテルのオープニングセレモニーでドローンを使ってキャンディーを澤田社長のところに運ぶ様子など、いくつもの映像を見せていました。 で、手のひらより小さいサイズのドローンをセミナー会場で飛ばしました。 小さいのですが、スピードが出るものなのですね。 速さに驚きました。

実はこのドローンは法律的にはドローンではなく、おもちゃなのだそうです。 200グラム以上のものはドローンとして飛行等に制限がありますが、200グラム未満は制限なく誰でも、どこでも飛ばせるのです。

 富田さんの話で共感したのは、「自分で経験すること(やること)が大事」、「人を幸せにするテクノロジー」の2つです。 自分でやるというのは私の言う「自分主義」と同じです。 変なホテルのロボットの話がほとんどなかったのは、富田さんがロボットよりドローンによく深くかかわっているからかなあ、と想像しました。 人を幸せにするテクノロジー、というのは私がこのページや@ITのコラムに書いた、「ロボット見守りサービスの目的はご高齢者やその家族に喜んでもらうこと」に通じます。

 私の講演はいつもどおり、自分でやったことしか話さない、実用的なものでした。 他人のやったことを事例として話すのは学者の仕事で、実業に携わる者の仕事ではありません。 ということで、運用中のネットワークやコミュニケーション・ロボットのことをコラム等に書けないことも含めて、面白おかしく話しました。






*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ