間違いだらけのネットワーク作り(1029)2018/09/15
「NTTコムのSD-WAN事例」

今週火曜日は年に一度の人間ドックでした。 同じ病院で連続21年受診しているので、手渡れるファイルが分厚く、重くなっていたのですが、今年、N0.2のファイルを作ってくれたので薄く軽くなりました。 大きな問題はなし。 驚いたのは肺機能の検査で初めて肺活量が5000ccを超えたこと。 男性は4000ccから4500ccが平均なので、かなり多いです。
 肺活量が多いとどんないいことがあるか知りませんが、5000を超えたことに単純に驚きました。

先週、秋の情報化研究会を10月20日(土)にするとお知らせしたのですが、内容の企画と集客を考えると時間が足りないので、12月15日(土)に延期しました。 日本科学未来館天王星ルーム(旧会議室1)で行います。 内容は10月に周知します。 

NECの恒例のイベント、「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018」が11月8、9日の両日東京国際フォーラムで開催されます。 毎年万人単位の方が来られる一大イベントです。 9月5日からNUA会員の方と案内番号(コード)をお持ちの方の事前受付が始まりました。 情報化研究会の方にはメルマガでコードをお知らせしますので、興味のあるセミナーがあれば申し込んでください。 私は11月8日16:45から2-E「AI時代の次世代企業ネットワーク:働き方改革からロボット活用まで」と題して講演します。 ロボットは実機を使ったデモをします。

「NTTコムのSD-WAN事例」
    

@ITにNTTコミュニケーションズの人がSD-WANの事例と導入時の留意点について書いていました。

「SD-WAN導入時に何を確認すればよいのか、トラブルは?」

さっと読んだ感想は
・SD-WANが盛り上がっていると書いているけどどこで盛り上がっているのだろう?
・海外の事例だけで国内はないのか?
・こんな小規模な事例だけで大規模事例はないのか?
・高コストが従来のネットワークの問題点だったけど、出来上がったネットワークが同等のコストでは意味がないのでは?
・オーバーレイネットワークとアンダーレイネットワークの二重管理が必要で面倒そうだ
・キャリアなのに閉域網主体からインターネットだらけのネットワークに移行するのは自殺行為ではないか?

SD-WANが諸手を挙げてユーザーに歓迎されるほど良いものではないと思っているので、事例を紹介するなら国内事例で、規模があり、明確な経済効果なり運用性の向上なりが得られた事例を紹介してもらいたいものだと思いました。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ