間違いだらけのネットワーク作り(1017)2018/06/09
「CPwEとは?」

  昨日、8日はNEC休日でした。 年間の休日日数が祝日と土曜日が重なることで規定数を下回ると、平日を全社休日にして補うのです。 金曜日が休みになるのでとてもお得な気分になり、毎回どこかへ出かけることにしています。 金土だと、土日より道路や観光地も空いているのがいいところです。 ということで、昨日から今日にかけて妻と谷川岳ロープウェイ、水上温泉、そして北國海道須川宿(道の駅、たくみの里)へ出かけました。

   ふだんの行いが良いせいか、梅雨とは思えない好天で、自然と歴史に触れることが出来ました。 須川宿はたまたま立ち寄ったのですが、電動自転車を借りて創建700年を超える禅寺から、本陣や庄屋の建物、資料館などをめぐり、4時間あまり楽しむことが出来ました。 旧宿場のまわりは山里で水田、そば畑、さくらんぼ園などが広がり、気持ちのいい田園風景が楽しめました。


谷川岳天神平から望む山々

「CPwEとは?」
   

今週のネットワーク関連のニュースではネットワンの記事が目にとまりました。

ネットワンが工場向けIoTソリューション、2020年ごろに年100億円を目指す

 残念ながら、私はまだ工場内ネットワークを構築した経験がないのですが、IoTは工場内でどんどん進んでいます。 この記事の中に「CPwE(Converged Plantwide Ethernet)やIEC62443といった工場向けのネットワーク」という一文があります。 さて、どういう意味だろう、と工場向けネットワークの経験はないながらも用語くらい勉強しておこうと調べました。

 CPwE(Converged Plantwide Ethernet)とは産業用オートメーションおよび制御システム (IACS: Industrial Automation and Control System)に標準的なネットワークサービスを提供するためのアーキテクチャで、IACS で要求されるリアルタイム通信、信頼性、スケーラビリティ、セキュリティ、耐障害性を実現するための設計および実装のガイダンスだそうです。

 IEC62443とはInternational Electrotechnical Commission(国際電気標準会議)が策定している制御システムセキュリティの全レイヤ/プレイヤーをカバーした規格とのこと。

ネットワークは広域でも、オフィス内でもなく、工場の中で高度化が進んでいるのですね。

  
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ