間違いだらけのネットワーク作り(1012)2018/05/05
「ロボットによる見守りサービス(続)」

  連休前半の1週間は帰省してなんやかやと用事をしていました。 レジャーは ゼロです。 実家の庭のジャスミンがいつもの年より強く匂っているように感じました。 見た目は地味な花なのに香りは華やかです。 3日に帰京してのんびりした日を過ごしています。

「ロボットによる見守りサービス(続)」
   

4月21日に報道発表された愛媛県西条市の見守りサービスは4月27日に市役所で老人クラブの方々を対象に説明会が開催されました。



翌28日に愛媛新聞に掲載された記事からの引用です。 紙面とオンライン版に載りましたがこれはオンライン版のスクリーンショットです。 最初に玉井市長が事業の目的と概要の説明をされ、その後、私からロボットとサービスの説明を30分あまりしました。

 老人クラブのご婦人二人にデモを手伝ってもらったのですが、おばあさんの笑顔から分かるとおり説明会はなごやかで楽しい雰囲気で出来ました。 ロボットの親しみやすさ(特に見た目のかわいさが女性には好評でした)、使い易さは十分理解していただけたようです。 質問もたくさん出て、皆さんの関心の高さがうかがえました。 「息子はニューヨークにいるが使えるか?」、「方言で話しても通じるか?」といった質問です。 どちらもYESです。

私の説明はデモ中心でスライドは最初の10分弱しか使いませんでした。 ロボットに親しみやすさを感じてもらうことに主眼を置いてスライドを作りました。 何枚か紹介しましょう。













実証実験は7月から3か月間行われます。 


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ