間違いだらけのネットワーク作り(1007)2018/03/17
「コミュニケーション・ロボットでLINE」

 土曜日不在だったので日曜日にこのページを書いています。 東京は桜が開花しました。 靖国神社にある開花の基準となる桜の木を気象庁の職員が観察し開いた花が5つ以上あると開花となるそうです。 それがNHKのニュースになるのですから、日本はやはり平和だなあと思いました。

  午後3時頃、新宿駅西口にいたのですが、社民党の福島議員が安倍はウソつきだー、という演説をよく通る声でしていました。 たくさんの人が立ち止まって聞いていましたが、私はさっさと通り過ぎました。 しかし、政治を私物化する安倍政権はさっさと消えて欲しいと思います。

「コミュニケーション・ロボットでLINE」
   

14日から16日までビックサイトで開催された介護テクノ展を15日に見に行きました。 ロボットを使ったサービスがいくつか展示されていたからです。



これは長崎大学がNECプラットフォームズのPaPeRoiを使って作った、ロボットでLINEのメッセージをやりとりする見守りサービスです。 ロボットはリアルタイムで直接LINEを使うことは出来ず、1分おきにLINEのメッセージが来ていないかクラウドに取りに行く方式です。 お年寄りはボタンを押して20秒以内で話すと音声がテキストに変換されてクラウド経由でLINEに送信されます。

  スマートフォンやパソコンが使えないお年寄りにも楽に使えるのがいいところです。 コミュニケーション・ロボットは様々なサービスを使うインタフェースとして、見守りサービスに限らず活用領域が広がると思います。

 
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ