間違いだらけのネットワーク作り(996)2017/12/23
「2017年の企業ネットワーク」

  昨夜は3か月に一度のペースでやっている集まりの忘年会でした。 店はBunkamura近くのビストロ。 渋谷に行ったのは数年ぶりで、人の多さと若さに圧倒されました。 歩道が人でいっぱいで、自分のスピードでは歩けませんでした。 店の作りはユニークで間口は狭く、奥行きが長いうなぎの寝床のようなスペースに幅広のカウンターが1本、真ん中に伸びています。 客はその両側に向かい合って座るのです。

   私たちは一番手前で、5人。 となりに男女のペア、そのとなりも男女がくっついて並んでいました。 料理はおいしく、ビールやワインも良かったです。 4時間近くいたわりには勘定もさほど高くありませんでした。 でも、止まり木のような席に長居するのはくつろげません。 次回は私が場所を決めるのでゆったりできるところにします。

「2017年の企業ネットワーク」
   

今年のこのコラムの中からトピック的なものを取り上げて、1年のまとめにします。

(958)2017/2/11「携帯大手3社の実効速度」

総務省が定めた測定方法で大手携帯3社が測定した実効速度が公表されています。 それをまとめたのがこの記事です。 ドコモの速さが際立っています。 KDDIの上りの遅さも目立っています。 単に安さだけでサービスを選ぶのでなく、実力を見なければいけないという当たり前のことを思い知らされる数字です。 大手のMNOはいいのですが、問題はMVNOの実力です。 まだ総務省の測定基準は示されていませんが、玉石混交のMVNOこそ客観的に測定された実効速度の公表が必要です。

(960)2017/3/4書評「Googleに学ぶディープラーニング」

ディープラーニングを分かり易く解説した本の書評です。 正直、AIの仕組みを深く理解することなど不可能だと思っています。 大事なのはAIを使う目的を明確にすること。 つまりはAIを使うアイデアです。 年末の挨拶に来たあるキャリアでは社内でAI活用コンテストをやったそうです。 優勝したのは飲み会で各人のグラスに残っている酒の量を認識して、いいころ合いでおかわりを勧めるAIだったとか。 自分ではおかわりしたいと思っていても、目上の人がいたりするとなかなか口に出来ないもの。 AIが声をかけてくれると気軽におかわりが出来る、というのがメリットなのだとか。 この程度のアイデアしかないのでしょうか?

(973)2017/6/17「AIで膨大に必要なものとは?」

 AIを実用化するには膨大な時間とお金が必要、ということをセミナーの講師がいいました。 でも、実際の時間や金額を聞いてみると大したことはありませんでした。 それよりも、AIの導入を希望する企業のほとんどが導入に至らない理由の方が面白かったです。 その理由とはAIを使う目的も、解決すべき課題も明確になっていないことです。

(978)2017/8/5「松山講演会トピックス」

7月28日にサイボウズ松山オフィス+で行った2時間の講演は今年、一番楽しい講演でした。 講演の最後にICTを活用するために重要なものとして、目的指向の徹底、連携とまとめ、自分主義の3つをあげました。 「分主義とは何事も自分を起点に考え行動することで、「お客様に言われたから」とか「上司に指示されたから」行動する人の反対です。 自分が自分主義だと思う人、手をあげてください。」というと40人あまりのうち、3分の2が手をあげたので驚きました。 間髪入れず「今、手を挙げなかった3分の1の人、次のページの本、「自分主義」を読みなさい。」というと会場は大きな笑い声に包まれました。

この講演ではAIスピーカーを使ったサービスの話をしたのですが、これをきっかけにコミュニケーション・ロボットを使った仕事を進めることになりました。 いろいろやっていると新しい仕事の種が出てくるものです。

(991)2017/11/11「クラウド接続サービス」

 企業のクラウド化の流れはどんどん加速し、1社で複数のクラウドを使うのはふつうになりました。 多くのクラウドを効率的に、帯域設定等を柔軟に行えるクラウド接続サービスはこれからどんどん使われるでしょう。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ