間違いだらけのネットワーク作り(989)2017/10/28
「ロボット、いろいろ」

 今週の木曜日と金曜日は福岡、長崎に出張しました。 福岡は3か月ぶりでしたが、長崎に行ったのは16年ぶりでした。 訪問先は長崎大学です。 大学に近いホテルに泊まり、朝、コーヒーが飲みたいとGoogleで近くの喫茶店を探して散歩がてら歩いて行きました。 天気が良くて、バス停で待つ人や歩道を歩く人がいて、庭先でおじいさんが植木の手入れをして、長崎にもふつうの日常があるのだなあ、と当たり前のことが新鮮に感じられました。

  肝心の喫茶店は着いてみるとベーカリーで喫茶ではありませんでした。 仕方がないので、ローソンでコーヒーを買いました。

「ロボット、いろいろ」
   

私は今、NECプラットフォームズのコミュニケーション・ロボット、PaPeRoを使ったサービスの提案を進めています。 11月9日のiEXPOでもその一部を紹介する予定です。 とても良く出来たロボットで、オープンな作りでクラウドAIやIoTとの連携が容易なのが特徴です。



 PaPeRoはおはようと言えば挨拶を返してくれるし、写真を撮ってと言えば撮ってディスプレイに表示してくれます。 顔認証も出来るので相手に応じて対応を変えることも可能です。 音声認識も顔認証もクラウドAIと連携します。 本体にラズベリーパイ(ボードコンピュータ)を組み込んでアプリの開発を自由に出来ます。 温度、加速度、人感など数個のセンサーを搭載。 多様な用途に応用しやすいビジネス用のロボットです。

さっき新宿高島屋で買い物をして来たのですが、ここの9階にRobotics Studioというロボット売り場が出来ているので見て来ました。 2万円台の子供のおもちゃのようなロボットから32万円の大人用(?)のものまで10種類ほどのロボットがありました。



NTT東日本のSotaです。 156,600円。 これとは別に毎月の料金も必要だそうです。 人の言うことをかなり理解して、天気予報などを教えてくれます。



英語学習ロボット、Musio。 10万円。 英語学習だけど、日本語を理解できないので、英語がしゃべれる人しか使えないという、矛盾したロボット。  値段も高くて×。



DMMのTAPIA。 105,840円。 コミュニケーション型。 写真を撮ったり、天気予報を教えてくれるらしい。



DMMのPalmi。 321,840円。 コミュニケーション型。 説明書きなし。 形が上のTAPIAより凝っているだけ? それにしても高すぎるし、デザインがいかつ過ぎ。

今後、ロボットも、それに近いAIスピーカーも次々と出て来るでしょう。 どう活かして行くか、アイデアとスピードが大事です。 12月2日の情報化研究会ではデモビデオを含め、実用化の最前線をご紹介します。

 第47回情報化研究会「AI、IoT、クラウド活用の今とこれから」

 
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ