間違いだらけのネットワーク作り(974)2017/6/24
「格安スマホ1000万件突破」

 小林麻央さんが亡くなりましたね。 昨年9月から書かれていたブログはよく読んでいました。 ふつうの人なら病状が進んでいく様子を人に知られたくはないでしょうが、海老蔵のブログとともに克明に書いていました。 まったく悲壮感も暗さも感じさせない筆致で。 新聞には亡くなる2日前の20日にブログにアップされた写真が載っていました。 きれいな笑顔です。 最後まできれいなままで良かったなとなんだか安心しました。 その最後のブログには毎朝お母さんに作ってもらうオレンジジュースで笑顔になれる喜びが書かれています。 最後のメッセージは「皆様にも、今日笑顔になれることがありますように。」

 笑顔になれることがあるってことが幸せということかも知れませんね。 ご冥福をお祈りします。

   
「格安スマホ1000万件突破」
   

ちょっと古いですが、先週金曜日(16日)の日経新聞に格安スマホが1000万件を突破したとの記事がありました。



携帯の加入数は約1億5000万。 そのうちスマホは半分程度なので7500万。 スマホに占める格安スマホの割合は13%程度、ということになります。 かなり増えましたがまだまだ普及率は低いですね。 しかも、トップシェアはソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルで、MVNOではありません。 UQモバイルはハデなCMの割にシェアが低いのは意外です。

 この統計数字に含まれるのはほとんどコンシューマーで、法人はごく少ないと思います。 それほど法人への格安スマホの普及は遅れています。 大手携帯事業者が法人には大幅な値引きをしているのがその原因です。

 格安SIMとSIMフリースマートフォンを組み合わせて使えば大手の値引き以上に安くなる可能性が高いだけでなく、フリーハンドで端末を選択し、スマホ内線やグループウェアなど一工夫した使い方も出来るようになります。 企業のスマホの使い方が「一手間かけて付加価値を増やす」という方向に向かうと、格安スマホの利用が増えると思います。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ