間違いだらけのネットワーク作り(946)2016/11/12
「クラウド時代のIPテレフォニー」

   日本科学未来館で毎年開催している秋の研究会が1週間後に迫りました。 提案のクロージングやら、セミナーのフォローでばたばたしており時間があっと言う間に過ぎてしまいます。

 研究会には遠く関西から参加してくれる方もおり、会うのを楽しみにしています。

研究会への参加は18日(金)まで受け付けます。

第45回情報化研究会「クラウドで変革する企業ネットワーク」11月19日(土)日本科学未来館

  
「クラウドPBXのメリットは?」
   
 19日の研究会で「クラウド時代のIPテレフォニー」と題して講演してくれるageetの岡崎さんの講演資料が届きました。 その中から2枚を紹介します。



ソフトフォンの開発を得意とするageet社はNTT西日本や大手メーカーはじめ、多くのキャリアやベンダーに製品を提供しています。 最前線で仕事をしているだけにユーザー・ニーズをよく知っています。 このスライドはその一端です。 企業のスマホ電話アプリで一番要望の多い機能は何か。 パーク保留・ピックアップかと思いきやそれは2番なのですね。 1位は何なのか資料には書いてないので講演で聞きます。



MSのOffice365はかなり使われていますが、電話まで使っている例は少ないですね。 そのSkype for Bizは電話の本命になりうるのか岡崎さんの見解が語られます。

こういった大きな話だけでなく、ミクロな話としてプッシュ着信通知やクラウド電話帳連携など企業がスマホ内線を使う際にキーとなる機能について詳しく説明されます。

*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ