間違いだらけのネットワーク作り(941)2016/10/01
「企業が使うスマホの平均価格は?」

   11月1、2日とNEC最大のイベント、C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016が有楽町国際フォーラムで開催されます。 私は11月2日15時から、「熊本地震で威力を発揮、BCPにも役立つ閉域モバイル・スマホ内線」(セミナー・コード 6-K)と題して講演します。 2010年から7年連続の講演です。 

 スマホ内線だけでなく、企業ネットワークの動向やモバイル活用全般について話します。 会場のキャパが小さいためもうすぐ満席です。 申し込まれる方はお早めに。

    
「企業が使うスマホの平均価格は?」(日経コミュニケーション10月号)
   
今月号の日経コミュニケーションの特集は企業ネットワーク動向調査です。 上場企業 約600社のアンケート結果がまとめられています。 肝心の雑誌を会社に置いて来てしまったので、今手元にありません。 特集の最初のページを見て意外な数字だなあと、記憶に残ったのは企業が導入しているスマートフォンの平均価格と企業が1年間に払っている回線費用の額です。

スマホの平均価格は約15000円です。 ずいぶん安いですね。 iPhoneが大部分だという印象があったのですが、そうでもないようです。 たしかに、私の知っている企業でも型落ちのExperia数千台をタダで導入したという話を聞きました。 キャリアは毎月の料金が入るので売れ残りの端末を無償提供しているのです。

 そんなツマラナイ低価格化ではなく、客観的に安くて性能のいいスマホが増えて来ています。 あるクラウドPBXのプロバイダーは2万円前後の複数のAndroidスマホを端末としてサポートしています。 ダンピングや投げ売りでなくても、企業は安価なスマホが使えるようになっているのです。

 企業の回線費用の平均値は年間1900万円です。 安いですね。 企業のWANの平均的な規模は小さいのだということが分かります。 私は毎月の回線費用が1000万円単位のネットワークを扱っているので、特にそう感じます。

上記の11月2日の講演では、企業で使われている最近のスマホの機種や閉域モバイルによるWAN回線費用の削減についても話します。

  *ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ