間違いだらけのネットワーク作り(930)2016/07/09
記事評「光コラボに替えたら速度が出ない?」

   7月21日の大阪でのセミナーまで2週間足らずになりました。 昨日の時点で160人ほど申し込みが来ています。 私の講演は野球の日本代表・小久保監督の講演と同じ時間帯で「裏番組」なのですが、その割には申し込みが多いと思っています。  おそらく事務局はどうせ人気がないだろうと思って不利な時間を割り当てたのでしょうが、その予想ははずれたようです。 他にも2つ同じ時間帯にセミナーがあるのですが、それらは私のセミナーの半分程度しか申し込みが来ていません。

  まだ、会場には余裕がありますので、関西の方、ぜひおいでください。 研究会の人も何人か申し込んでくれています。

講演「IoT時代の企業ネットは閉域モバイル+SIMフリー端末へシフトせよ!」(7月21日グランフロント大阪)  

記事評「光コラボに替えたら速度が出ない?」

 光コラボなんてつまらないなあと思うだけで何の興味もないのですが、昨年制度が始まったときにフレッツ光を提供しているお客様からコラボを使うと安くなるんじゃないか、といった問い合わせがありました。 私の企業ネットワークビジネスは機器も回線も監視・保守も丸ごとサービスとして提供するので、回線はお客様名義でなくNEC名義です。 フレッツは2000回線以上使っています。

 個人ではコラボの利用が進んでいるようです。 ITproに松本在住の青木さんが面白いコラムを書いていました。

光コラボに替えてコスト削減に成功、だが、ブロードバンドの速度が出ない

IIJの格安SIM、mioを使っている流れでフレッツ光ネクスト+So-NETをIIJの光コラボ、IIJmioひかりに替えたのだそうです。 結果、上り/下りとも100Mbpsを超えていたのが、数Mからひどい時には1M程度に落ち込んだとのこと。 昼休み前後と夕方から夜中過ぎがダメだそうです。

 IIJに問い合わせたら、長野エリアにおいてIIJの機器に負荷の高い状況が発生しているという回答。 設備の増強は9月に予定されているとのこと。 それまで待てないので、コラボの契約とは別にASAHIネットの月額1000円のプロバイダー契約をしてネット接続を切り替えたところ、上り/下りとも100Mを超える速度になったそうです。 

 ASAHIネットを選択する際に、プロバイダーや地域、回線種別ごとにスピード測定結果が参照できるサイトを活用しています。

Radish Network Speed Testing

このサイト、利用者が測定した結果の集積データを地域や回線種別等を指定して検索できるのようになっているのですが、MVNOの結果は少ないし、選択できるプロバイダーも限られています。 こういうサイトのデータが充実して、表示も工夫されるといですね。 例えば、MVNOを選択するだけで、日本地図上に測定結果が分かり易く表示されると実力を判断しやすくなります。 本来はMVNO事業者自身が測定データを表示すべきです。 そういうことをやるMVNOが現れたら、人気が出るのではないでしょうか。

ISPを選ぶにしても、MVNOを選ぶにしてもその実力は大きく違うので公開された速度測定の結果を調べることが肝要です。

 
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ