間違いだらけのネットワーク作り(925)2016/05/21
「『格安』の意味」

   今週末は用事があって愛媛に帰っていてさっき帰宅しました。 ふだん運転していないクルマを運転しまくって少々疲れました。 デミオという小型車を借りたのですが、運転シートの高さが調整できるので視線の位置が一番心地よいところになり、運転しやすかったです。

 23日(月)に新しいコラム、「消費者庁はNGNでテレワークしてはどうか」が掲載されます。 ぜひ、お読みください。

「『格安』の意味」

 格安SIMに格安スマホ、いろいろ「格安」が冠せられるものが増えているのですが、私自身は格安を使ったことがありませんでした。 今週初めて、成田・松山間で格安航空のJetstarを使いました。 事情があって昨年末から現在まで、7回、東京・松山間を往復しています。 いつもANAなのですが、さすがに運賃がかさむのでJetstarを試してみました。 運賃は座席指定をして往復2万円弱です。 圧倒的にANAより安いです。 シートは革張りでスペースも申し分なく、何の問題もありませんでした。 一度経験してしまうと、松山に行くのにANAやJALを使うのは「不合理」なことになるので、もう選択できないですね。 成田が遠いといっても時間は羽田と大きく変わりません。

 成田のLCC専用の第三ターミナルはとても面白かったです。 なんというか、アジア的Cheap感が満載です。 若いアジアのカップルが安いフードコートで楽しそうにたこ焼きを分け合って食べていたりします。 80代の老夫婦、といった人もたくさん見かけます。


第三ターミナルの入口

カラフルなLCC航空機

チェックインカウンター周辺

フードコート

倉庫に毛が生えた程度のゲート

格安の意味はSIMも航空機も同じです。 ユーザー層を拡大し、用途を増やし、使う量(頻度)を増やします。 格安になった資源をぜいたくに使って、今まで実現できなかった価値を作り出せるのが格安の意味です。

モバイルの格安化を活かす工夫は、まだまだこれからです。 ハッとするようなアイデアを打ち出したいものです。   

  
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ