間違いだらけのネットワーク作り(904)2015/12/05
「UPQ Phone」

   昨日は宇都宮に住む次男の家へ孫に会いに行ったので、このページを書くのが1日遅れになりました。 今年は暖冬のせいか山の紅葉がまだ残っていてきれいでした。 孫の菜穂子はすくすくと育っていて、5か月で体重が8.5キロになっていました。



 

「UPQ Phone」

 SIMフリースマホのニュースには気をとめているのですが、最近眼にとまったのがUPQ(アップキュー)社のUPQ A01です。 UPQは端末のスペックもさることながら、社長が若干31歳の女性であることと、会社の設立が今年の7月で製品の販売が10月という速さに驚きました。 中澤さんというCEOですが、もともとカシオでケータイの商品企画をしていて、その後NECカシオへ。 そして、NECがスマホからの撤退を決めたので退社し、カフェの経営をしていたのですが、今年、会社を作ってSIMフリースマホに参入したのです。 NECのような大企業が逃げてしまった市場に入って、わずか数か月で製品を出したところに感心しました。

  ケータイウォッチというサイトにあった中澤さんのインタビューの一部を引用します。
「最後の仕事はドコモ向けのスマートフォン「MEDIAS W N-05E」です。ヒンジに強いこだわりをもっていたNECカシオとして、どうにかそれを形にしたいという思いもあって。チームで3カ月籠り切ってプロトタイプの完成までこぎ着けました。ちょうどその時期にNECカシオがスマートフォン市場から撤退することになりまして、発売を前に退職することになりました。」

UPQが10月に販売開始したA01のスペックは次のようなものです。

・価格 14500円(税別)
・OS Android 5.1
・CPU MediaTek  MT6735  4コア1.3GHz
・メモリ 1GB
・ストレージ  8GB
・液晶 4.5型854×480 IPS
・カメラ 背面:500万画素 前面:200万画素
・対応バンド  LTE 1/3/19/28
         3G  1/19
・Simサイズ microSIMx2(ともにLTE/3G)
・サイズ 133×66×8.6mm
・重さ 118g
・その他  microSD対応(最大32GB)、Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n、FMラジオ

  ディスプレイとカメラの粗さが2万円台のスマホより劣りますが、LTEの対応バンドはドコモのメインバンドのうち3つをサポートしており合格点です。 ダブルSIMというのはどんな使い方を想定しているのでしょうね。 ゼロから製品開発されたものではなく、海外の製品をベースにしているのでしょう。

企業が使うスマホはディスプレイやカメラが高性能である必要はなく、ふつうに電話が使えて、メールやIM、WEB閲覧が出来れば十分です。 UPQのようなスマホも企業の選択肢になるのではないでしょうか。

NECがスマホから撤退して行き場のなくなった人が自ら立ち上げたUPQ。 健闘して欲しいものです。

*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板
+

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ