間違いだらけのネットワーク作り(888)2015/08/08」
「また?ワークスタイルの変革」

   7月10日に出版した「自分主義−営業とプロマネを楽しむ30のヒント」は安さのせいか、紙の本より電子書籍の売れ行きが良いようです。 カスタマー・レビューが6件書かれています。 読む人によって印象に残るところも、感じ方もすいぶん違うことが分かって面白いです。

 今日から16日まで勤務先のNECは夏季休暇。 8月15日の更新は休みます。

 9月11日に日本データ通信協会で講演します。 場所は大阪です。 関西の方、ご参加ください。 「格安SIM、SIMフリースマートフォンで革新する企業ネットワーク-これからのネットワークエンジニアに求められるもの-」

「また?ワークスタイルの変革」

  ITproにワークスタイル変革に関する調査結果の記事が掲載されました。

  大企業の約7割がワークスタイル変革に積極的

 いつも書いているとおり、10年以上前からさわがれるだけで一向に定着しないユニファイド・コミュニケーションとワークスタイル変革という言葉は嫌いです。 この記事の中に出て来る言葉でなつかしいなあと感じたのが「フリーアドレス」。 12年くらい前に盛り上がりを見せたことがあります。 しかし、フリーアドレスを採用したところでも、自然に社員がすわる席は固定され、固定フリーアドレスになった例が多かった。

  一匹オオカミ的に働く保険のセールスマンのように、オフィスにいる時間が短く、チームプレイが不要な働き方ならフリーアドレスは適するでしょうが、ふつうの職場に向いているとは思えません。

  キーワードとして抜けていると思うのは「ペーパーレス」です。 ワークスタイルの変革を確実に出来るのはこれではないかと思います。 私は6年前にNECに転社したのですが、一番驚いたのはペーパーレスが徹底していたことです。 軽量ノートパソコン、無線LAN、プライベートクラウド上のファイルサーバという道具立てです。 紙は使わず、設計書からなにからすべて電子のままで扱う。 キングファイルだらけの前の会社から、キングファイルが1冊もない職場に来て驚きました。

  この記事ではプリントサービスの重要性をうたっていますが、紙が大事だと言っているのと同じ意味で、とても違和感があります。 

*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板
+

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ