間違いだらけのネットワーク作り(883)2015/07/04」
「EPUBとは?」

   女子W杯のなでしこジャパンは実力も、運も強いですね。 試合時間がちょうど通勤時間帯なのでライブ中継が見られないのが残念ですが、日経電子版のニュースがスマホにポップアップして、イギリスをオウンゴールで下したことを知ったときは思わず声を出しそうになりました。

 一方でウィンブルドンに出場していた錦織選手は2回戦を棄権。 なんか、弱々しいイメージを持っているのは私だけでしょうか。 昨年の全米オープン決勝や、つい先日の全仏オープンで自分よりランクが低い選手に負けたのはテニスが弱いせいではないと思います。 

  「EPUBとは?」

 Amazonから電子書籍と紙(POD、プリント・オン・デマンド)で7月10日に発売予定の新著、「自分主義-営業とプロマネを楽しむ30のヒント」の校正が終わりました。

 電子書籍はEPUBという形式、PODはpdf形式で送られて来て、それぞれ3回校正しました。 企画段階から校正まで編集者の人とやりとりしつつ、書籍を作り上げていくのは何度経験しても楽しいものです。 この本が7冊目の出版になります。

  6冊目の本まではゲラが郵送されて来て、それに赤を入れて返す、という校正でした。 今回は2つのフォーマットともにメールで送られて来ました。 全244ページをプリントして、そこに赤を入れるのは大変なので、修正箇所をメモとして箇条書きし、そのメモを返しました。 図の修正はペイントで赤を入れたものを返しました。

 pdfは紙の書籍のイメージそのままですが、目新しかったのは電子書籍のEPUB形式です。


 
 

   これらはiPhone6のibookで電子書籍を開いたものです。 EPUBにはページという概念がありません。 2/532と表示されてはいますが、ページではないのです。 文字の大きさによって532は変化します。 紙の本では四六版で244ページです。 

 てっきり横書きかと思っていたのですが、初校で縦書きだと知って驚きました。 編集者によると電子書籍では縦書きの方が読みやすいのだそうです。 理由は分かりませんが、プロの経験ということでしょう。 確かに読んで見て、違和感がありません。

 画面を2タップするとコントロールバーが表示され、マーカーで線を引いたり、メモを記入したり、単語を辞書で調べることが出来ます。 この辺が紙の本では出来ない芸当です。

 価格は電子書籍が980円、紙の書籍が1980円。 紙もインクも印刷も不要な電子書籍は安さが大きな魅力です。 電子書籍はiPhone、Androidスマホ、Kindle等で読むことが出来ます。

    ただ、私は紙の本の重さやインクのにおい、手触りが好きなのでPODで入手するつもりです。

 
*ここに書いてあることで質問、ご意見