間違いだらけのネットワーク作り(872)2015/03/28
「DC見学記」

  4月4日に開催する京都研究会まで1週間になりました。 昨年の38人を上回る43名の方から申し込みをいただいています。 申し込みは直前まで受け付けます。

  今週、IIJがKDDIのLTEを使ったサービスを開始することを発表しました。 やりますね。 ドコモと組み合わせて理想的なMVNOサービスが展開されるでしょう。

  「DC見学記」

 今週水曜日、お客様に同行して NEC神奈川データセンターを見学しました。 最新のDCを見学したのは初めてでしたが、期待以上に面白かったです。 

  NECが得意とする顔人認証を使った入退室管理システムもいいのですが、へえーと感心したのは「相変化冷却ユニット」とNECのDC専用に開発された「省電力高集積サーバ」です。 

  相変化冷却ユニットはラックの背面に装着して使うパネル状のラジエータのようなものです。 液体の冷媒がラック上部から下部へ重力で循環し、熱を吸収して気化すると浮力で下部から上部にもどります。 再び冷却されて液体にもどり下部へ流れ落ちる、という仕組みです。 冷媒の循環が重力と浮力で行われるため、循環のための電力が不要なのです。

  省電力集積サーバは読んで字の如くで、小型化された高性能サーバです。 一つの棚板に40数個が実装されており、ラック全体で最大736台のサーバが収容できます。 棚板単位で冷却効率を高めるため空気の通り道の確保や、ファンの配置に工夫をこらしています。 デモルームで実際にラックに実装されたサーバを手に取って見られるようにしています。 サーバはあっけないほど小さいのですが、重さはけっこうありました。

 これらの省電力、高効率冷却対策を取った結果、PUE(Power Usage Effectiveness)は1.26になっています。 PUEは分母がDC内のIT機器が消費する電力、分子がDC全体の消費電力で計算される数値です。 小さいほど電力の効率がいいということになります。 ちなみに、来春NECが神戸にオープンするDCは1.18になるそうです。 

 私はこんなことに興味を持ったのですが、お客様がとても気に入ってくれたポイントは別のところにありました。 人によって着眼点が違うのは面白いですね。


*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ