間違いだらけのネットワーク作り(868)2015/02/28
「iPhoneからガラケーへの移行」

  今日は恵比寿で息子たちと待ち合わせ、嫁さんの誕生会をします。 出かける前にこのページを書いておこうと、いつもより早起きしました。

嫁さんのソフトバンクのiPhoneから、ガラケー+SIMフリースマホへの移行作戦は今週完了しました。 SIMフリースマホのAscend G620Sは2万円余りの安い端末ですが、5インチのディスプレイは高精細だし、タッチの反応もよく快適に使えているようです。 もっとも、iPhoneなどと比べたらデザインの高級感で負けます。 今回はこの移行で一番手間がかかったことについて書きます。

  「iPhoneからガラケーへの移行」

  ソフトバンクのガラケーは地方に住んでいる家族と長電話するので、 家族割りの無料通話のために不可欠です。 iPhoneをソフトバンクで解約して、ガラケーとSIMをソフトバンクショップで買ってもいいのですが、端末が高くなります。 そこで、嫁さんは端末をAmazonで8000円程度(もっとも、自分で買ったのでなく、長男に誕生日プレゼントとして買ってもらいました)で買いました。

 



  SIMだけをソフトバンクのショップで買おうとしたのですが、実はこれが一番手間がかかったのです。 自宅近くのショップへ行き、長時間待たされたあげく、「SIMは端末と同数しか入ってなくて、SIMだけの在庫はありません。 入荷の予定もないし、取り寄せも出来ません。 他のショップに電話をかけて在庫があるか聞いて、あれば買ってください。」という、冷たい対応。 SIMと端末が同数なんてあるわけないし、取り寄せも出来ないとは。 

 妻はネットで同じようなことをした人の書き込みを調べて、直営店でないとSIMだけ買うことは出来ない、と知りました。 ショップではそんなことは教えないのです。 直営店は全国で19しかなく、妻は東京駅八重洲口の店舗へ行きました。 ここで出てきた中国人の女性店員がSIMの手数料を3000円と間違えて言い、ガラケーのSIMは安いはずだからと、調べさせるのに余分な一苦労。

高いiPhone6を買ってくれる客には親切だけど、iPhoneをやめて月額1300円の最低のガラケーに乗り換えるような客には冷たいのですね。

*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

  情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ