間違いだらけのネットワーク作り(866)2015/02/14
「4月4日京都研究会予告」

   11日の建国記念日、嫁さんと一緒に新宿西口のビックカメラに行き、SIMフリースマホと格安SIMを買いました。  今年の誕生日プレゼントはSIMスリースマホがいいという嫁さんの希望で、3月3日の誕生日にはちょっと早いのですが出かけることにしました。 今使っているソフバンのiPhoneを止めてSIMフリースマホに替える作戦です。 ソフバンはフィーチャーフォンに替えて電話専用で利用、LINEをはじめネットの利用はSIMフリースマホにするのです。 なかなか、面白いトラブルがありました。 これは別の機会に書きたいと思います。   

   

「京都研究会予告」

  今年の京都研究会は格安SIMとSIMフリースマホに焦点をあてたいと思います。 講師を誰にお願いしようかと考えたのですが、MVNOとして一番元気があるIIJさんがいいと思い、先週、IIJの鈴木会長にメールで講師のアサインをお願いしました。 もう数年、お会いしてないのですが、すぐ返信を頂き、今週、講師が決まりました。 第一線で活躍しているモバイルサービス課・担当課長の佐々木さんに講演して頂けることになりました。

  MVNOの現在とこれから、格安SIMやSIMフリースマホについて、新鮮な話が聴けるものと楽しみにしています。

  私は格安SIMやSIMフリースマホが単に安さというインパクトだけでなく、コミュニケーションやコンピューティングの意味やあり方を変える、安さ以上の影響がある、という観点から話をします。

第42回情報化研究会・第16回京都研究会
「格安SIM、SIMフリースマホで革新するコミュニケーション&コンピューティング」

1.日時・場所
4月4日(土)13:30−17:00 (受付13:00−13:30)
キャンパスプラザ京都(JR京都駅前)
2.プログラム
13:30−15:00
講演「格安SIM、SIMフリースマホで革新するコミュニケーション&コンピューティング」
情報化研究会主宰  松田 次博

今年は通信自由化30年目の節目の年です。 このタイミングで格安SIMが盛り上がっていることが面白いなあと思います。 30年前は通信と言えば「電話」のことでした。 明治以来、電話は特別扱いされて来たのですが、格安SIMの登場は電話の意味を問い直すいいきっかけです。 意味が変わるだけでなく、実際のIPテレフォニーシステムを変えるべきなのです。

  格安SIMは企業ネットワークの設計にも転機をもたらしています。 SIMフリースマホはコンピューティングのあり方を変えて行くでしょう。

このような、格安SIM、SIMフリースマホがもたらす、安さ以外のインパクトについて具体的にお話します。

15:00-15:15 休憩

15:15-16:30
講演「MVNOの現状とIIJが目指す近未来のサービス」(仮題、変わる可能性があります)
IIJネットワーク本部 ネットワークサービス部 モバイルサービス課
担当課長 佐々木 太志 氏

IIJさんはコンシューマー向けサービスで成功しているだけでなく、Panasonicはじめ各社に提供しているMVNEサービスでも成果をあげています。 これからの発展方向、サービスを拡大する上での課題、等についてお話いただく予定です。

16:30-17:00 質疑

17:15-19:00 懇親会  希望者のみ。 会費は研究会とは別です。

3.会費
4000円 当日受付時にお支払ください。

4.申し込み
 下記メール宛にフルネーム、所属、連絡電話番号、懇親会の出欠を書いて送ってください。

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp

 
*ここに書いてあることで質問、ご意見などありましたら掲示板かメールでお知らせください。 

情報化研究会掲示板

 tuguhiro@mti.biglobe.ne.jp



ホームページへ